株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:買取王国は年初来高値、シキノハイテックが大幅に続伸  4月08日17時01分

<7698> Iceco Inc 2620
公開価格(2000円)を45%上回る2900円で初値を付けた。会社設立は52年5月28日。アイスクリーム・冷凍食品(冷食)卸販売を行うフローズン事業のほか、生鮮食品スーパーを展開するスーパーマーケット事業を運営する。巣ごもり消費の拡大を背景に21年3月期の営業利益は前期比4.8倍の7.01億円の見込みとなっている。一方、22年3月期は同28.7%減の5.00億円の予想。チラシなどの販売促進活動を再開することから販管費が膨らむ見通し。

<4192> スパイダープラス 1840 +80
大幅続伸で上場来高値。直近の新規株式公開(IPO)銘柄が循環物色されるなか、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄の一角として投資資金を集めている。同社は建築図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」を手掛けており、人手不足が課題となっている建設業界の生産性向上を目指している。3月30日の上場後、同社株は初値(1722円)を下回る水準での取引が目立っていたが、上昇余地があるとの見方が買いを支えているようだ。

<7157> ライフネット 1290 +16
5日ぶり反発。3月の新契約の年換算保険料が前年同月比11%増の3.66億円、新契約件数が14%増の8833件になったと発表している。20年度累計の新契約件数は過去最高の10万0587件となった。3月の保険料収入は20%増の15.11億円、保険金及び給付金支払額は39%増の3.36億円。堅調な業績が好感されていることに加え、前日までの続落で値頃感が出てきたことも買いにつながっているようだ。

<2782> セリア 4250 +140
年初来高値。野村証券が投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価を4200円から5000円にそれぞれ引き上げている。同証券は「コロナ禍の新常態での生活を豊かにする新商品の販売好調を踏まえ、22年3月期予想一株当たり利益(EPS)を従来比8%上方修正する」との判断を示した。22年3月期の既存店売上予想を従来の前期比1%減から0.5%増へ引き上げるほか、23年3月期も小幅に引き上げるという。

<4579> ラクオリア創薬 1024 -19
大幅に5日続落。米国で審査中だった選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許について、特許査定の連絡を受けたと発表している。同遮断薬は副作用の少ない画期的新薬として様々な疼痛状態に対する未充足の医療ニーズに応えることが期待されているという。ただ、同社株は3月25日に直近高値(1222円)を付けた後は買い一服感から軟調に推移しており、買い先行後は材料出尽くしと見た向きの売りに押されているようだ。

<6614> シキノハイテック 1886 +215
大幅に続伸。新たな取引材料は出ていないが、直近の新規株式公開(IPO)銘柄を物色する流れに乗って買いが集まっている。同社は3月24日の上場後、一時2134円まで上昇してから4月6日に1550円まで急落しており、押し目買いの好機と受け止められている。また、半導体の後工程を主とした検査装置を提供しているため、半導体需要を追い風に先行きの成長が期待できるとの見方も買い意欲につながっているようだ。

<3181> 買取王国 672 +42
年初来高値。21年2月期の営業利益を従来予想の1.13億円から1.25億円(前期実績1.08億円)に上方修正している。新型コロナウイルスの影響で主要商材ファッションが不調となり、売上高は従来予想の50.75億円から48.93億円(同48.93億円)に引き下げたが、店舗運営費用などが想定を下回ったことから利益は拡大する見通し。また、未定としていた期末配当を6.00円に決定し、前期末実績(5.00円)から増額している。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »