株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オンワードの22年2月期は最終損益63億円の黒字転換見込む  4月08日17時04分

 オンワードホールディングス<8016.T>がこの日の取引終了後、22年2月期連結業績予想を発表しており、売上高1905億円(前期比9.3%増)、営業利益32億円、最終利益63億円と営業段階から赤字となった前期決算から黒字転換を見込む。

 アパレル事業でリアル店舗とEコマースを連動させた新たな販売手法の活用を図るほか、前期に販売機会のなかった商品の有効活用や在庫管理の徹底と値引き販売の抑制などで、売上総利益率の改善を見込む。

 なお、21年2月期決算は、売上高1743億2300万円(前の期比29.8%減)、営業損益212億3000万円の赤字(前の期30億6100万円の赤字)、最終損益231億8100万円の赤字(同521億3500万円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
8日の主なマーケットイベント
明日の株式相場に向けて=半導体セクターに埋もれる金剛石
8日中国・上海総合指数=終値3482.5548(+2.9292)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »