株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証大引け 反落し241円安 決算後の利益確定売りやアジア株安で  4月30日15時24分

 30日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前営業日比241円34銭(0.83%)安の2万8812円63銭で終えた。値がさ株の一角が決算発表を受けて利益確定売りに押され、指数を押し下げた。午後には大型連休中のイベントリスクを意識した持ち高調整の売りも加わり、下げ幅は一時300円に接近した。

 28日に発表した今期業績見通しが市場の期待に届かず、ソニーGやTDKなどの値がさ株に売りが目立った。東エレクなど決算発表を控えた銘柄にも連想売りが出た。景気指標がさえずに、中国株や香港株が大幅に下落したのも投資家心理を下向かせた。

 午後に入ると日経平均は一段安となった。「米株式相場が堅調でも、最近は日本株が売られる展開が少なくない。最高値圏で推移する米株式相場が大型連休中に一時的にでも調整すれば、日本株は一段安が免れないとの警戒感が持ち高調整の売りにつながった」(国内証券のストラテジスト)との指摘があった。

 都内で確認された新型コロナウイルスの新規感染者数が29日に1000人を超えるなど、国内で感染拡大傾向が続いているのも重荷になったようだ。緊急事態宣言の発出後もそれほど人出が減っていないとの報道もあり、感染動向の先行きを懸念する声は多い。

 JPX日経インデックス400は反落。終値は前営業日比100.17ポイント(0.58%)安の1万7101.14だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、10.82ポイント(0.57%)安の1898.24で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で3兆1104億円と、3月29日(3兆7153億円)以来およそ1カ月ぶりに3兆円を超えた。売買高は13億5010万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1146、値上がりは928、変わらずは117銘柄だった。

 ZHDやダイキン、エムスリーなどが売られた。半面、富士通や日立、郵船などは高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »