株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ウインテスト、今12月期業績は急回復基調へ  4月30日10時01分

 ウインテスト<6721.T>に注目したい。同社はイメージセンサーや液晶向けドライバーIC検査装置を主力としており、今期業績は急回復が予想されている。

 2月に発表した21年12月期連結営業利益は1億2200万円を見込んでいる。前期は変則決算のため、単純比較はできないものの実質増益を確保する見通しだ。主力の半導体検査装置事業は、高速通信規格5Gの普及拡大及び5Gにあわせた高速ワイファイ規格Wi-Fi6(ワイファイシックス)への移行に伴う自動運転技術に関連した需要増が見込める。今後は、中国・台湾における最大の検査装置メーカーを目指して、武漢工場量産体制の確立などの取り組みを加速していく。また、今期中の次世代検査装置のリリースも目指している。

 株価は、昨年9月高値435円をつけた後は300円前後への調整局面にあるが、半導体検査装置などの需要増にも乗り、ここから本格反騰が期待できる。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フジオーゼに投資マネー集中しS高カイ気配に張りつく、今期利益急拡大見通しで大幅増配がサプライズに
日華化学はS高カイ気配、第1四半期営業益5.1倍で通期計画進捗率47%
イーブックは急騰後に値を消す、トップラインの伸び鮮烈で22年3月期も大幅増益に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »