株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日ケミファ、T&Gニーズ、クミアイ化など  6月09日15時53分

<9262> シルバーライフ   2526 -21急落後下げ渋り。前日に第3四半期決算を発表、累営業益は7.5億円で前年同期比14.6%増となり、従来計画の6.5億円を上回る。つれて、通期予想は同6.5億円から7.7億円に増額。FC加盟店の順調な売上増、冷凍弁当の直販比率の上昇などが背景。ただ、新工場稼働に伴う減価償却費増で、2-4月期は営業減益に転じ、5-7月期の水準も極めて低く、朝方は失望売りが先行。その後は急速に下げ渋った。

<3071> ストリーム 179 -10伸び悩んで大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は3.6億円となり、ほぼ均衡水準だった前年同期からは大幅な増益となっている。通期計画の6.3億円、前期比4.1%減に対する進捗率は過半を超えている。上振れ期待の高まりから買い先行となったものの、もともと業績見通しは保守的とみられており、ガイダンスを受けて急落する前の水準まで上昇したことで、その後は出尽くし感が強まる状況になっているもよう。

<5741> UACJ 2707 +115大幅続伸。前日にIRデーを開催しており、評価の高まりにつながっているようだ。米国ではエナジー飲料などでアルミ缶へのシフトが進んでおり、アルミ製品の需給ひっ迫が想定される形になっているもよう。また、赤字が続いたタイ子会社も昨年末よりフル稼働に入っているようだ。営業利益目標として、24年3月期300億円を掲げているが、この水準は市場予想を上回っている。

<3843> FB 934 +22続伸。前日に21年4月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の24億円から34億円、前期比31.5%増に引き上げ。インフラテック、不動産テックなどの事業が堅調に推移したことが上振れの主因となるようだ。一転しての増益見通しを好感する動きが先行したものの、第3四半期までで32億円、前年同期比2.7倍の水準であったため、高寄り後は出尽くし感もやや強まる展開に。

<4539> 日ケミファ 2771 +500ストップ高。研究開発中の新規抗うつ・抗不安薬候補化合物 NC-2800について、大日本住友製薬と共同研究開発契約およびオプション契約を締結したと発表。本剤は医療研究開発革新基盤創成事業に採択された研究開発課題「オピオイドδ受容体活性化を機序とする画期的情動調節薬の開発」の対象化合物で、同社が代表機関として研究開発を進めてきたもの。今後の開発進展による業績インパクトなどを期待する動きが優勢に。

<4527> ロート薬 2881 +71大幅続伸。天藤製薬の株式67.19%を取得、下期からの連結化を発表している。創業家からの譲渡となり、買収金額は非開示となっているが、のれんは発生しないもよう。
天藤製薬の年間売上高は59億円で、「ボラギノール」などを手掛け、痔疾用薬ではトップシェア。ニッチ市場での高シェア製品獲得は、同社の長期戦略に沿った買収となり、ポジティブに捉える動きが優勢のようだ。

<4331> T&Gニーズ 1112 +109大幅続伸でコロナショック前水準をほぼ回復。アフターコロナ銘柄のリバウンドが続く中、新型コロナウイルスワクチンを1回以上接種した人が国内人口の1割に達したなどとも伝わり、本日も関連銘柄が賑わいを見せる形になっている。とりわけ、本日は同社やエスクリ<2196>、ツカダGHD<2418>など挙式関連銘柄の強い動きが目立つ。コロナ禍後の需要急拡大を意識する局面にもあるようだ。

<4996> クミアイ化 920 +75大幅続伸。前日に業績予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来の37億円から47.5億円、前年同期比4.4%減に、通期では73億円から83億円、前期比0.2%増に引き上げ。国内で本年上市した新規殺菌剤「ディザルタ剤」を始めとする水稲分野の出荷が好調に推移しているほか、化成品の一部も回復基調にあるもよう。株価は足元で安値圏にあり、上振れ期待などはそれほど高まっていなかったとみられる。

<6367> ダイキン工 19905 -615大幅続落。一昨日の中期経営計画を受け前日は下げが目立つ展開になったが、本日は大和証券が投資判断を格下げしており、引き続き売りが優勢の状況。大和証券では投資判断を「2」から「3」に、目標株価も24500円から20000円に引き下げた。M&Aの具現化によっては期待成長率が変わる可能性があること、26年3月期まで見通しても利益率改善幅が小さいことから、割安感は低下したとみているもよう。

<6920> レーザーテック 19910 -800大幅続落。前日はきつい下げが目立ったが、本日も売買代金トップと商いを伴いながら大きく下落する展開になっている。米SOX指数が0.6%安と続落するなかで、手仕舞い売り圧力が引き続き強まる状況に。前日は、みずほ証券の投資判断格下げなども材料視されていたが、足元では、CLSA証券でも投資判断格下げの動きがみられている。
東エレク<8035>やアドバンテスト<6857>など他の半導体製造装置株も軟調。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »