株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

分散型音楽配信プラットフォームAudius、TikTokと提携【フィスコ・アルトコインニュース】  8月17日14時10分

分散型音楽配信プラットフォームAudiusがTikTokと提携することが明らかになった。TikTokでは初の音楽ストリーミングの提携となり、Audiusのアーティストは自分の音楽をTikTokに迅速かつ直接アップロードできるようだ。

Audiusは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを利用して、音楽配信アプリ・プラットフォームを提供している。Audiusの共同設立者であり、製品責任者であるForrest Browning氏は、米RollingStoneのインタビューの中で、「今回の提携で、アーティストは誰でもAudiusに登録されている楽曲をワンクリックでTikTokにエクスポートすることができる。」と述べている。TikTokではすでに音楽送信の機能があるが、使い勝手があまり良くなく、Audiusなら簡単にこなせる点もメリットだという。

現在、Audiusには10万人以上のアーティストが音楽を登録しており、月間アクティブユーザー数は500万人を超えている。Browning氏は、「Audiusユーザーの約95%が、ブロックチェーンが関与していることすら知らないと思っている。」とも述べた。

そのほか、AudiusはNFTにも対応しているが、売買を目的としたものではないという。マーケットプレイスになる計画はないとし、OpenSeaのようなNFTマーケットプレイスと提携したいと思っていることも明らかになった。





<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »