株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

概況からBRICsを知ろう ブラジル株式市場は弱含み、一部銀行株の下げが目立った  9月13日09時17分

【ブラジル】ボベスパ指数 114285.90 -0.93%
10日のブラジル株式市場は弱含み。主要株価指数のボベスパ指数は、前営業日比1074.90ポイント安(-0.93%)の114285.90で引けた。

ボべスパ指数の91の構成銘柄では26が上昇、65が下落、変わらずは0で売りが優勢。一部銀行株の下げが目立った。

【ロシア】MOEX指数 4002.66 +0.23%
10日のロシア株式市場は小幅高。主要株価指数のMOEXロシア指数は、前日比9.10ポイント高(+0.23%)の4002.66で引けた。原油価格の上昇がやや好感されたようだ。日中の取引レンジは、3987.53−4008.56。

【インド】
休場

【中国本土】上海総合指数 3703.11 +0.27%
10日の上海総合指数は、主要指標の上海総合指数が前日比9.98ポイント高(+0.27%)の3703.11ポイントと続伸した。2015年8月以来、約6年1カ月ぶりの高値水準を回復している。

米中対話の再開が買い安心感を誘う流れ。取引時間中に、米中首脳が電話会談したと報じられている。中国国営メディアによれば、両国関係などについて戦略的に協議し、実務者レベルの対話を増やす方針で合意したようだ。中国経済対策に対する期待感も引き続き支えとなっている。「中国人民銀行(中央銀行)は、早ければ9月中にも預金準備率や政策金利を引き下げる」との見方があるほか、インフラ投資が下半期加速するとの観測も流れた。



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »