株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

反落、騰落レシオなど過熱で調整  9月15日08時15分

[本日の想定レンジ]

14日は米NYダウが292.06ドル安の34577.57、ナスダック総合指数が67.82pt安の15037.76、シカゴ日経225先物が大阪日中比265円安の30135円。本日の日経平均は反落が予想される。昨日は節目と意識された2月高値を抜いてバブル後最高値で引けた。本日は目先の目標達成感から売りが出やすい地合いとなろう。東証1部の騰落レシオ(25日ベース)が149.06%と過熱ラインの130%を大幅に超過する一方、ストキャスティクスでは%Kが100%から87.54%へ下落して%Dを下回り、目先の天井到達からの調整開始を示唆している。

[予想レンジ]

上限30750円−下限30300円



<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »