株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為17時 円、続伸し109円台半ば 対ユーロも続伸  9月22日17時26分

 22日の東京外国為替市場で、円相場は続伸した。17時時点では前日の同時点に比べ19銭の円高・ドル安の1ドル=109円44~45銭で推移している。中国の不動産大手、中国恒大集団の債務問題で投資家が運用リスクを取りづらくなるとの見方から「低リスク通貨」とされる円には買いが優勢となった。中国景気の先行き懸念もあって日経平均株価が軟調だったのも円相場を支えた。

 もっとも、円は109円60銭近辺まで上げ幅を縮める場面があった。中国恒大集団は22日、期日を23日に迎える人民元建て債の利払いを実施すると発表した。信用不安が和らぐとの思惑から円には買い持ちを減らす売りが出た。22日の欧州市場で主要国の株価指数が上昇して始まったのも円売り・ドル買いにつながった。

 円は対ユーロでも続伸した。17時時点では同18銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=128円37~38銭で推移している。ユーロは対ドルでは横ばい圏で、17時時点は同0.0003ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1729ドル近辺で推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »