株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY外為:FOMCでの金融政策据え置き織り込み金利低下、ドル軟調  9月23日02時11分

NY外為市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて、ドルが軟調に推移した。
連邦準備制度理事会(FRB)はFOMCで政策金利を据え置くと見られている。また、資産購入縮小の計画発表も見送られるとの見方に米国債相場が堅調に推移。金利低下に伴いドル売りが優勢となった。
ドル・円はリスク選好の円売りも強く、売り買いが交錯し、109円60銭で底堅い展開。
ユーロ・ドルは1.1725ドルから1.1745ドルまで上昇。ポンド・ドルは1.3616ドルの安値から1.3670ドルまで上昇した。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »