株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は続落、IMF見通し引き下げなど重し、米物価指標前に様子見ムード(訂正) 10月13日16時54分

日経平均は続落。前日の米株式市場でのNYダウは3日続落。8月求人件数が年初来初めて減少したことで雇用回復鈍化を懸念。また、連邦準備制度理事会(FRB)高官がインフレリスクに言及したことが嫌気されたほか、国際通貨基金(IMF)の経済成長率見通し引き下げも売りを誘った。金利先高観がくすぶる中、ナスダック総合指数も3日続落。米株安を受け日経平均は145.17円安でスタートすると直後に28000円を割り込む場面も。ただ、押し目買いから下げ渋ると下値の堅さが買い戻しを誘い、間もなくして上昇に転換、一時は28364.99円(134.38円高)まで上昇した。しかし、伸び悩んで再びマイナスに転じてからは、今晩以降に発表予定の米物価指標などを前に様子見ムードが広がり、こう着感を強めた。

 大引けの日経平均は前日比90.33円安の28140.28円となった。東証1部の売買高は11億1180万株、売買代金は2兆4039億円だった。セクターでは海運業、鉄鋼、ゴム製品などが下落率上位となった一方、不動産業、水産・農林業、建設業などが上昇率上位となった。東証1部の値下がり銘柄は全体の68%、対して値上がり銘柄は27%となった。

 個別では、商船三井<9104>などの大手海運3社が大幅に下落。フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の大幅下落を受け、東エレク<8035>やアドバンテス<6857>が大幅安。公募増資に伴う新株発行に係る価格が決まったSUMCO<3436>は商いを伴いながらもみ合いの末に下落。米アップルが半導体不足を理由に新型iPhoneの生産計画を下方修正したため、村田製<6981>、太陽誘電<6976>、イビデン<4062>なども大きく売られた。業績下方修正を発表した日ペHD<4612>、第1四半期減益決算が嫌気された三光合成
<7888>、第1四半期大幅増益も出尽くし感が先行したタマホーム<1419>などが急落し、東証1部値下がり率上位に並んだ。そのほか、1部売買代金上位では、ソフトバンクG<
9984>、トヨタ自<7203>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などが軟調。

 一方、上期事業利益が会社計画を上回ったJフロント<3086>、前期上振れ着地に加え今期も大幅増益見通しとしたSHIFT<3697>がそれぞれ急伸、第3四半期営業利益が通期計画を上回ったフィルカンパニー<3267>、監理銘柄からの指定解除を発表したOKK<
6205>などと共に東証1部値上がり率上位に並んだ。1部売買代金上位では、レーザーテック<6920>が半導体関連のなかで逆行高、ファーストリテ<9983>、ソニーG<6758>、ソフトバンク<9434>、JT<2914>、塩野義<4507>などが堅調で、円安を好感した三菱自<
7211>、マツダ<7261>は大幅高、そのほか、ヒューリック<3003>、富士フイルム<4901>
などが買われた。



<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »