株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり大幅反発、東エレクとファーストリテが2銘柄で約130円分押し上げ 10月14日16時23分

10月14日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり136銘柄、値下がり85銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は3日ぶり大幅反発。13日の米国市場でNYダウは小幅ながら4日続落し、0.53ドル安となった。9月の消費者物価指数(CPI)を受けてインフレ懸念がくすぶったほか、JPモルガン・チェースやアップルの下落も相場を押し下げた。ただ、長期金利の低下でハイテク株比率の高いナスダック総合指数は上昇。本日の東京市場でも値がさ株が買われ、日経平均は124円高からスタートした。衆院解散を受けて政策期待の買いも入ったとみられ、後場には28576.68円(前日比436.40円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比410.65円高の28550.93円となった。東証1部の売買高は11億5266万株、売買代金は2兆5647億円だった。業種別では、水産・農林業、精密機器、電気機器が上昇率上位だった。一方、海運業、鉱業、石油・石炭製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の48%、対して値下がり銘柄は47%となった。

値上がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約83円押し上げた。同2位はファーストリテ<9983>となり、アドバンテ<6857>、ファナック<6954>、信越化<4063>、リクルートHD<6098>、ダイキン<6367>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはクレセゾン<8253>となり1銘柄で日経平均を約2円押し下げた。同2位は三菱商<8058>となり、キヤノン<7751>、東ソー<4042>、商船三井<9104>、スズキ<7269>、郵船<9101>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  28550.93(+410.65)

値上がり銘柄数 136(寄与度+439.41)
値下がり銘柄数  85(寄与度-28.76)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8035> 東エレク        48120          2370 +83.53
<9983> ファーストリテ    72870          1330 +46.88
<6857> アドバンテ       8950           330 +23.26
<6954> ファナック       23220           520 +18.33
<4063> 信越化         19165           430 +15.16
<6098> リクルートHD      7241           140 +14.80
<6367> ダイキン        24740           385 +13.57
<4543> テルモ          5104           89 +12.55
<9984> ソフトバンクG     6252           58 +12.27
<2413> エムスリー       7317           137 +11.59
<2801> キッコーマン      9060           320 +11.28
<6645> オムロン        10500           320 +11.28
<7733> オリンパス       2465          78.5 +11.07
<9613> NTTデータ        2216           58 +10.22
<4911> 資生堂          7592           218 +7.68
<6758> ソニーG         12555           195 +6.87
<6988> 日東電          7930           190 +6.70
<7832> バンナムHD       8371           175 +6.17
<4519> 中外薬          3960           53 +5.60
<9766> コナミHD         6380           130 +4.58

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8253> クレセゾン       1409           -63 -2.22
<8058> 三菱商          3637           -50 -1.76
<7751> キヤノン       2707.5         -25.5 -1.35
<4042> 東ソー          1898           -74 -1.30
<9104> 商船三井         6370          -330 -1.16
<7269> スズキ          5037           -26 -0.92
<9101> 郵船           7210          -250 -0.88
<4151> 協和キリン       3665           -25 -0.88
<9107> 川崎船          4820          -240 -0.85
<2502> アサヒ          5393           -23 -0.81
<5019> 出光興産         3225           -55 -0.78
<8766> 東京海上         6020           -44 -0.78
<8725> MS&AD           3652           -68 -0.72
<6724> エプソン         2164           -10 -0.70
<5332> TOTO           5430           -40 -0.70
<7272> ヤマハ発         3170           -20 -0.70
<4507> 塩野義          7637           -20 -0.70
<7202> いすゞ          1544           -33 -0.58
<6178> 日本郵政        919.2         -13.4 -0.47
<8267> イオン         2571.5           -13 -0.46




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »