株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】 ―市場の関心は次第に11月中旬に策定方針の経済対策に移行 11月07日17時00分


「市場の関心は次第に11月中旬に策定方針の経済対策に移行」

 今週の日経225先物は2万9500円~3万円のレンジ推移となりそうだ。5日の米国市場では予想を上回る10月の米国雇用統計を受けて景気敏感株を中心に買われ、主要な株価指数が最高値を更新した。サービス業を中心に回復がみられており、経済活動の一段の正常化への期待が高まった。また、4日に英中央銀行が予想に反して政策金利を据え置くと決めたことにより、世界の主要な中央銀行で緩和的な金融政策が続くとの見方が強まり、米長期金利が低下したことで、ハイテク株の一角が買われた。シカゴ日経平均先物清算値は大阪比85円高の2万9705円で終えており、週明けは買い先行で始まろう。

 一方、国内では決算発表が終盤に差し掛かり、週を通じて1700社近い企業の決算発表を控えている。そのため、機関投資家を中心に積極的な売買は手控えられやすいが、8日のソフトバンクグループ<9984>の決算発表通過後は、概ね指数に影響を与える企業の決算は一巡することになろう。商いは膨らみづらいが、市場の関心は次第に11月中旬に策定の方針である政府の経済対策に向かうとみられる。

 先週の日経225先物は、1日に一気に2万9500円を突破した後は、こう着ながらも2万9500円水準での底堅さがみられた。決算発表がピークを迎えるなかで大きなトレンドは出にくいが、2万9500円を支持線として3万円の大台に挟まれたレンジ推移を想定しておきたい。

 手口面では、BofAやクレディスイスが週半ば以降に売り越しが目立っていたものの、週初の大幅買い越しに対する利益確定の動きであり、週を通じては買い越していた。推定される累積建玉ではBofAはほぼニュートラル、クレディスイスはショートに傾く一方、JPモルガン、モルガンSがロングとなる。週末にはミニSQを控えていることもあり、SQに絡んだ商いによる変動も意識しておく必要がありそうだ。

 10月第4週(10月25-29日)の投資部門別売買動向によると、海外投資家は現物と先物の合算では4週ぶりに売り越しており、売り越し額は920億円(前週は1452億円の買い越し)だった。なお、現物株は1414億円の売り越し(同1089億円の売り越し)と2週連続の売り越しであり、先物は494億円の買い越し(同2541億円の買い越し)と2週連続で買い越している。決算シーズンで現物主導となった影響はあるものの、先物ではロングを続けていた。

 先週のNT倍率は14.55倍で終えた。10月上旬につけた14.11倍を底に上昇基調にあり、4日には14.61倍まで上昇する場面があった。この水準は9月半ば以降、75日移動平均線に上値を抑えられていた水準であり、これを明確に突破してくるようだと、NTロングを想定したスプレッド狙いのポジションが膨らみやすいだろう。ソフトバンクグループの決算反応によっては、NT倍率の上昇基調が強まる可能性はありそうだ。

 経済スケジュールでは、8日に9月景気動向指数、9日に10月景気ウオッチャー調査、米国10月卸売物価指数、10日に中国10月消費者物価指数、中国10月生産者物価指数、米国10月消費者物価指数、11日に英国7-9月期 GDP速報値、12日に米国11月ミシガン大学消費者態度指数などが予定されている。


――プレイバック・マーケット――

●SQ値
1月限 日経225 27774.95  TOPIX  1832.70
2月限 日経225 29718.77  TOPIX  1940.02
3月限 日経225 29282.41  TOPIX  1930.42
4月限 日経225 29909.73  TOPIX  1961.13
5月限 日経225 27748.22  TOPIX  1871.53
6月限 日経225 29046.40  TOPIX  1958.82
7月限 日経225 27726.72  TOPIX  1897.15
8月限 日経225 28093.15  TOPIX  1958.27
9月限 日経225 30085.93  TOPIX  2065.84
10月限 日経225 28098.14  TOPIX  1967.56


◆日経225先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/12 11月05日  29830  29860  29500  29620  -200
21/12 11月04日  29500  29950  29410  29820  +320
21/12 11月02日  29580  29660  29390  29500  -50
21/12 11月01日  28810  29670  28690  29550  +770

◇TOPIX先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/12 11月05日  2059.0  2062.5  2032.5  2035.5  -22.0
21/12 11月04日  2027.0  2058.5  2023.0  2057.5  +31.5
21/12 11月02日  2039.5  2046.5  2026.0  2026.0  -13.0
21/12 11月01日  1994.0  2046.5  1991.0  2039.0  +46.5

●シカゴ日経平均 円建て
          清算値  前日比
11月05日(12月限)  29705  +85
11月04日(12月限)  29775  -45
11月03日(12月限)  29705  +205
11月02日(12月限)  29505  +5
11月01日(12月限)  29570  +20
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
        売り   前週末比   買い    前週末比
10月29日     4億円  -33億円  7354億円  -1254億円
10月22日     37億円  -198億円  8609億円  -3007億円
10月15日    236億円 -0.04億円 1兆1616億円  -482億円
10月08日    236億円  +173億円 1兆2098億円  -578億円
10月01日     62億円  -88億円 1兆2676億円  -1570億円
09月24日    151億円 -1001億円 1兆4247億円  +2105億円
09月17日    1152億円  -111億円 1兆2141億円  +3800億円
09月10日    1264億円 -1239億円  8341億円  +2063億円
09月03日    2503億円 +1594億円  6277億円  +1482億円
08月27日    909億円 -3003億円  4795億円  -1295億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
11月02日     26万株    13万株  2億4937万株   -1847万株
11月01日     13万株     0万株  2億6784万株   +304万株
10月29日     13万株     0万株  2億6480万株   -669万株
10月28日     13万株     0万株  2億7149万株   -1114万株
10月27日     13万株    -21万株  2億8264万株   +307万株
10月26日     35万株    -47万株  2億7956万株   +1908万株
10月25日     82万株    -7万株  2億6048万株   -4730万株
10月22日     90万株   -1318万株  3億0778万株   -239万株
10月21日    1408万株   +130万株  3億1018万株   -6818万株
10月20日    1277万株   +146万株  3億7837万株   +82万株
10月19日    1131万株    -55万株  3億7755万株   +512万株
10月18日    1187万株   +421万株  3億7242万株   -993万株    

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
11月13日 701億円
11月18日 701億円
12月21日 701億円
12月22日 701億円
12月30日 701億円
1月4日  501億円
1月15日  501億円
1月20日  501億円
1月28日  501億円
2月26日  501億円
3月4日  501億円
3月5日  501億円
3月22日  501億円
3月24日  701億円
3月30日  501億円
4月21日  701億円
6月21日  701億円
9月29日  701億円
10月1日  701億円

株探ニュース

【関連ニュース】
信用残ランキング【買い残増加】 三菱UFJ、クリレスHD、住友化
信用残ランキング【売り残減少】 日本郵政、神戸物産、日本ハウス
【↓】日経平均 大引け| 反落、為替の円高進行で利益確定売りが優勢 (11月5日)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

カテゴリ 「みんかぶニュース その他」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »