株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】 ―2万9500円を支持線とした底堅さが意識されやすく、NTロングの動きも想定される 11月21日17時00分


「2万9500円を支持線とした底堅さが意識されやすく、NTロングの動きも想定される」

 今週の日経225先物は、引き続き2万9500円~3万円のレンジ推移になりそうだ。23日は勤労感謝の日で東京市場が休場となるほか、米国では25日がサンクスギビングの祝日で休場となるため、週を通じて商いは膨らみづらいだろう。積極的にポジションを積み上げてくる動きは限られると考えられ、膠着感の強い相場展開が続く可能性がある。

 19日の米国市場では、クラリダ連邦準備制度理事会(FRB)副議長などが次回のFOMC(連邦公開市場委員会)でテーパリングの加速を検討する可能性があると示唆したことが、相場の重荷となった。さらに、オーストリア政府が22日から全土でロックダウン(都市封鎖)を再実施すると発表するなど、欧州で新型コロナウイルスの新規感染者が急増しており、景気回復の遅れが警戒され投資家心理の悪化につながった。

 この影響によりシカゴ日経平均先物清算値は2万9625円で取引を終えており、週明けはこれにサヤ寄せする格好で売りが先行することになる。ただし、市場の反応こそ鈍いものの、日本の新型コロナの新規感染者数は減少傾向にあり、経済活動の正常化が進んでいる。足元では3万円目前で上値を抑えられているものの、25日移動平均線が支持線として推移しているほか、一目均衡表では「雲」を上放れ転換線を支持線とするなど、テクニカル面が機能していることもあり、膠着ながらも底堅さは意識されそうだ。

 また、米国ではバイデン大統領が次期FRB議長人事について週明けにも発表するとみられ、議長人事を巡る不透明要因は払拭される可能性がある。パウエルFRB議長を続投させるか、ブレイナードFRB理事を起用するかによってマーケットの反応は異なるものの、方向性としてはアク抜けに向かうだろう。また、19日の米国市場はオプションSQ週であった影響もあったと考えられるため、NYダウの下落影響は限られる可能性がありそうだ。

 国内では、財政支出で過去最大規模となる経済対策が決定した。材料出尽くしといった動きも想定されるものの、先週の先物手口をみても日経225先物ではBofAが3000枚近く売っており、推定建玉を半減させていた。TOPIX先物ではBofAのほか、モルガンS、バークレイズが1000枚超の売り越しだったことからポジション調整は一巡しているだろう。一方で、買い越しではTOPIX先物はJPモルガンが2300枚超の買い越しで推定建玉を積み上げたほか、ゴールドマンも2300枚超の買い越しでショートを減らしていた。

 11月第2週(11月8日-12日)の投資部門別売買動向によると、海外投資家は現物と先物の合算では2週連続で買い越しており、買い越し額は2776億円(前週は421億円の買い越し)だった。なお、現物株は372億円の売り越し(同1453億円の買い越し)と2週ぶりの売り越しであり、先物は3148億円の買い越し(同1032億円の売り越し)と2週ぶりに買い越している。日経平均の動きは鈍かったものの、海外投資家が買い支えた格好である。

 週末のVIX指数は17.91に上昇した。25日線を支持線としたリバウンド基調をみせており、上値抵抗線として意識されている75日線を上回る場面もあった。投資家心理をやや神経質にさせる可能性はあるものの、11月10日の19.90を上回ってこなければリスク回避の動きには向かわないだろう。

 NT倍率は先物中心限月で14.54倍だった。11月に入ってからは14.45~14.60倍での推移が続いており、9月半ばの保ち合いレンジ内での推移を継続。方向性としては2月25日につけた15.68倍をピークとした調整トレンドからの転換が見込まれる。足元では日米ともに半導体株主導の物色がみられており、NTロングによるスプレッド狙いのトレードも意識されよう。

 経済スケジュールでは、22日に米国10月中古住宅販売件数。23日に米国11月製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値、24日に米国7-9月期実質国内総生産(GDP)改定値、米国11月ミシガン大学消費者態度指数確報値、26日に11月東京都区部消費者物価指数(CPI)などが予定されている。


――プレイバック・マーケット――

●SQ値
1月限 日経225 27774.95  TOPIX  1832.70
2月限 日経225 29718.77  TOPIX  1940.02
3月限 日経225 29282.41  TOPIX  1930.42
4月限 日経225 29909.73  TOPIX  1961.13
5月限 日経225 27748.22  TOPIX  1871.53
6月限 日経225 29046.40  TOPIX  1958.82
7月限 日経225 27726.72  TOPIX  1897.15
8月限 日経225 28093.15  TOPIX  1958.27
9月限 日経225 30085.93  TOPIX  2065.84
10月限 日経225 28098.14  TOPIX  1967.56
11月限 日経225 29388.47  TOPIX  2024.92

◆日経225先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/12 11月19日  29590  29780  29430  29780  +210
21/12 11月18日  29700  29740  29380  29570  -120
21/12 11月17日  29790  29920  29620  29690  -80
21/12 11月16日  29730  29970  29640  29770  +40
21/12 11月15日  29640  29850  29570  29730  +130

◇TOPIX先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/12 11月19日  2033.0  2048.0  2025.5  2048.0  +16.0
21/12 11月18日  2037.0  2045.0  2022.5  2032.0  -4.0
21/12 11月17日  2050.0  2059.0  2035.5  2036.0  -12.5
21/12 11月16日  2045.0  2063.0  2042.5  2048.5  +2.5
21/12 11月15日  2040.0  2058.5  2037.0  2046.0  +7.5

●シカゴ日経平均 円建て
          清算値  前日比
11月19日(12月限)  29625  -155
11月18日(12月限)  29610  +40
11月17日(12月限)  29560  -130
11月16日(12月限)  29825  +55
11月15日(12月限)  29720  -10
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
        売り   前週末比   買い    前週末比
11月12日    293億円  +235億円  6088億円  -25億円
11月05日     58億円  +54億円  6113億円  -1240億円
10月29日     4億円  -33億円  7354億円  -1254億円
10月22日     37億円  -198億円  8609億円  -3007億円
10月15日    236億円 -0.04億円 1兆1616億円  -482億円
10月08日    236億円  +173億円 1兆2098億円  -578億円
10月01日     62億円  -88億円 1兆2676億円  -1570億円
09月24日    151億円 -1001億円 1兆4247億円  +2105億円
09月17日    1152億円  -111億円 1兆2141億円  +3800億円
09月10日    1264億円 -1239億円  8341億円  +2063億円
09月03日    2503億円 +1594億円  6277億円  +1482億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
11月17日     26万株     0万株  2億3611万株   -649万株
11月16日     26万株   -111万株  2億4260万株   +3159万株
11月15日    137万株   -523万株  2億1101万株   -1121万株
11月12日    660万株   +602万株  2億2222万株   +601万株
11月11日     58万株    +17万株  2億1621万株   -415万株
11月10日     41万株    +15万株  2億2037万株   -1554万株
11月09日     26万株     0万株  2億3592万株   -440万株
11月08日     26万株   -112万株  2億4032万株   +1905万株
11月05日    138万株    -93万株  2億2126万株   -785万株
11月04日    231万株    205万株  2億2912万株   -2025万株
11月02日     26万株    13万株  2億4937万株   -1847万株
11月01日     13万株     0万株  2億6784万株   +304万株
10月29日     13万株     0万株  2億6480万株   -669万株
10月28日     13万株     0万株  2億7149万株   -1114万株
10月27日     13万株    -21万株  2億8264万株   +307万株
10月26日     35万株    -47万株  2億7956万株   +1908万株
10月25日     82万株    -7万株  2億6048万株   -4730万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
11月13日 701億円
11月18日 701億円
12月21日 701億円
12月22日 701億円
12月30日 701億円
1月4日  501億円
1月15日  501億円
1月20日  501億円
1月28日  501億円
2月26日  501億円
3月4日  501億円
3月5日  501億円
3月22日  501億円
3月24日  701億円
3月30日  501億円
4月21日  701億円
6月21日  701億円
9月29日  701億円
10月1日  701億円

株探ニュース

【関連ニュース】
信用残ランキング【売り残増加】 日本通信、Jディスプレ、日産自
信用残ランキング【買い残増加】 野村、スルガ銀、アウトソシン
信用残ランキング【売り残減少】 日本郵政、マネックスG、クリレスHD


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

カテゴリ 「みんかぶニュース その他」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »