株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は34円安でスタート、INPEXや神戸物産が下落 11月22日12時51分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29711.48;-34.39TOPIX;2039.29;-5.24


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前営業日比34.39円安の29711.48円と前引け値(29677.95円)から下げ幅を縮めて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き売り買い均衡との観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、もみ合いながらも下げ幅をやや縮小する動きに。23日は祝日で国内市場が休場となるなか、上海総合指数や香港ハンセン指数についても小動きで新規の材料にも乏しい状況。後場の日経平均は、戻り一服でもみ合いになるとみている市場関係者が多いようだ。なお、マザーズ指数はメルカリ<4385>
がけん引する格好でプラス圏での推移となっている。

 売買代金上位では、日本郵船<9101>、商船三井<9104>、塩野義<4507>、川崎汽船<9107>、ベイカレント<6532>などが上昇。一方、INPEX<1605>、神戸物産<3038>の下げが目立つ。業種別では鉱業を筆頭に空運、輸送用機器などがマイナス圏で推移する反面、海運、保険、証券などが強い値動きに。


<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »