株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

凸版印刷など5社、デジタル通貨フォーラムNFT分科会を設立【フィスコ・ビットコインニュース】 11月25日12時59分

凸版印刷株式会社、KDDI株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社HashPort、株式会社ディーカレットは、24日にデジタル通貨フォーラムNFT分科会を設立した。

デジタル通貨フォーラムNFT分科会は、NFT(非代替性トークン)領域におけるデジタル通貨の利用について検討と実証実験を行い、デジタル通貨決済の普及に向けた課題の特定と解決策の提案を行うようだ。まず、NFTマーケットプレイスでの決済を想定した実証実験の検討に着手したという。

実証実験では、付加領域と共通領域によって構成される二層構造デジタル通貨による流通を検証する。共通領域は、本スキームの下で発行されるデジタル通貨全てが共有する構造で、価値の情報を含み、発行や償却を担うようで、デジタル通貨間の「相互運用性」が確保されるという。付加領域は、デジタル通貨の流通を担うようで、支払いと決済と物流・商流等とのリンク、モノやサービスと資金との同時受け渡しなど、様々なビジネスニーズに応じたプログラムを書き込むことができるようだ。

付加領域におけるデジタル通貨は、NFTを利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーン「パレット(Palette)」で発行される。一方で、共通領域におけるデジタル通貨は、ディーカレットが提供する技術基盤で発行されるようだ。「パレット」上のNFTマーケットプレイスにて販売されるNFTをデジタル通貨で決済することを想定している。同分科会の今後の動向に注目が集まりそうだ。



<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »