株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】 ―年末ラリー期待で、まずは2万9000円を目先のターゲットとして意識 12月26日17時00分


「年末ラリー期待で、まずは2万9000円を目先のターゲットとして意識」

 今週の日経225先物は、年末ラリーを想定した相場展開を意識しておきたい。クリスマスの祝日前3営業日の米国市場はリバウンド基調を強め、NYダウは直近戻り高値を視野に捉えたほか、S&P500が最高値を更新している。11月下旬から12月前半にかけての売りの主役だったヘッジファンドによるショートカバーが、祝日明け後に強まることが期待される。また、ナスダックは11月半ば以降の戻り高値水準を捉えてきており、ハイテク株の戻りの鈍さが警戒されるものの、24日には台湾加権指数が一時7月以来の最高値を更新する場面を見せており、支援材料となるだろう。

 東京市場では祝日明けによって海外勢の商いは幾分増えることが見込まれる。東京都などで新型コロナ変異株(オミクロン型)の市中感染が確認されたことは重荷となるが、米国市場でショートカバーの動きが強まる可能性があり、連動性を高めてくることが見込まれる。

 先週の日経225先物は薄商いのなか、小動きながらも2万8500円を上回って推移し、テクニカル面では上値抵抗線として意識されていた25日移動平均線を上回った。出来高は12月17日をピークに減少傾向にあるものの、同日につけた2万9150円水準を捉えてくる可能性はありそうだ。節目の2万9000円のほか、同水準に位置している75日線をクリアすることによって、11月下旬以降の2万9500円から2万7500円までの急落局面で積み上がったショート筋のカバーが入りやすくなるだろう。商いは大きく膨らみづらいが、ショートカバーの動きによって指数を押し上げてくる可能性はありそうだ。

 そのため、まずは2万9000円が目先的なターゲットとして意識されつつ、このレンジを突破してくる局面では2万9500円にターゲットを切り上げそうである。一方で、下値は2万8500円水準として、調整局面ではその後のリバウンド狙いのロングスタンスとなろう。もっとも、ロングについては積極的にポジションを傾けてくる動きにはなりづらく、基本的にはヘッジ対応を考慮したスプレッド狙いの動きが中心になりやすいと考えられる。

 そのため、NTロング(日経225先物買い・TOPIX先物売り)でのトレードを想定しておきたい。先週は東京エレクトロン<8035>が最高値を更新していることも支援材料になりそうだ。また、東証は年明け1月11日にプライム移行企業を公表する予定であり、それまではコア銘柄を中心に資金が向かいやすい需給状況も指数インパクトの大きい値がさ株には優位になろう。

 また、23日のVIX指数は17.96に低下した。1カ月ぶりに18.00を下回っており、リスク選好ムードが強まりやすい。そのほか、先週末のNT倍率は先物中心限月で14.48倍だった。週初に14.34倍まで低下した後に上昇に転じており、週半ば以降は14.50倍まで上昇していた。5日、25日、75日線が位置する14.44倍辺りが支持線として意識されていることから、11月の保ち合いレンジであった14.50~14.60倍の水準を今後捉えてくる展開を想定しておきたい。

 12月第3週(12月13日-117日)の投資部門別売買動向によると、海外投資家は現物と先物の合算では2週ぶりに売り越しており、売り越し額は3096億円(前週は2400億円の買い越し)だった。なお、現物株は4660億円の売り越し(同2733億円の売り越し)と6週連続の売り越しであり、先物は1563億円の買い越し(同5134億円の買い越し)と2週連続で買い越している。個人は現物と先物の合算で2324億円の売り越しで、2週連続の売り越しだった。

 経済スケジュールでは、12月27日に11月百貨店/スーパー販売額、28日は11月失業率、11月有効求人倍率、11月鉱工業生産速報値、米国10月ケース・シラー米住宅価格指数、29日は米国MBA住宅ローン申請指数、米国11月卸売在庫、米国11月仮契約住宅販売指数、30日は大納会、米国12月シカゴ購買部協会景気指数、米国週間新規失業保険申請件数、31日は中国12月製造業購買担当者景気指数(PMI)などが予定されている。

――プレイバック・マーケット――

●SQ値
1月限 日経225 27774.95  TOPIX  1832.70
2月限 日経225 29718.77  TOPIX  1940.02
3月限 日経225 29282.41  TOPIX  1930.42
4月限 日経225 29909.73  TOPIX  1961.13
5月限 日経225 27748.22  TOPIX  1871.53
6月限 日経225 29046.40  TOPIX  1958.82
7月限 日経225 27726.72  TOPIX  1897.15
8月限 日経225 28093.15  TOPIX  1958.27
9月限 日経225 30085.93  TOPIX  2065.84
10月限 日経225 28098.14  TOPIX  1967.56
11月限 日経225 29388.47  TOPIX  2024.92
12月限 日経225 28523.30  TOPIX  1987.25

◆日経225先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/03 12月24日  28700  28880  28660  28710   0
21/03 12月23日  28460  28750  28390  28710  +270
21/03 12月22日  28520  28660  28360  28440  -60
21/03 12月21日  27790  28520  27780  28500  +600
21/03 12月20日  28540  28630  27830  27900  -620

◇TOPIX先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/03 12月24日  1983.5  1998.5  1980.5  1981.5  -3.5
21/03 12月23日  1965.5  1987.0  1961.5  1985.0  +21.0
21/03 12月22日  1970.0  1978.0  1958.0  1964.0  -3.5
21/03 12月21日  1933.0  1976.0  1931.0  1967.5  +28.0
21/03 12月20日  1984.5  1990.5  1935.5  1939.5  -43.5

●シカゴ日経平均 円建て
          清算値  前日比
12月23日(03月限)  28815  +105
12月22日(03月限)  28670  +230
12月21日(03月限)  28635  +135
12月20日(03月限)  28215  +315
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
        売り   前週末比   買い    前週末比
12月17日    982億円  -196億円  2927億円  +86億円
12月10日    1178億円  -967億円  2841億円  -727億円
12月03日    2146億円 +1687億円  3568億円  -1232億円
11月26日    458億円  +450億円  4801億円  -1800億円
11月19日     7億円  -285億円  6601億円  +513億円
11月12日    293億円  +235億円  6088億円  -25億円
11月05日     58億円  +54億円  6113億円  -1240億円
10月29日     4億円  -33億円  7354億円  -1254億円
10月22日     37億円  -198億円  8609億円  -3007億円
10月15日    236億円 -0.04億円 1兆1616億円  -482億円
10月08日    236億円  +173億円 1兆2098億円  -578億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
12月22日    4951万株   +893万株  1億2263万株   -76万株
12月21日    4057万株   -1095万株  1億2340万株   +1492万株
12月20日    5153万株   +1425万株  1億0847万株   -1345万株
12月17日    3727万株   +102万株  1億2192万株   -422万株
12月16日    3625万株   -1509万株  1億2615万株   +794万株
12月15日    5134万株   -587万株  1億1820万株   -457万株
12月14日    5721万株   +890万株  1億2278万株   +164万株
12月13日    4831万株   +836万株  1億2113万株   +261万株
12月10日    3995万株   -3896万株  1億1852万株   -1821万株
12月09日    7891万株   -1223万株  1億3673万株   -1076万株
12月08日    9114万株   -4487万株  1億4750万株   -880万株
12月07日  1億3602万株  +4344万株  1億5630万株   +1953万株
12月06日    9257万株   +687万株  1億3677万株   -946万株
12月03日    8570万株   +1645万株  1億4624万株   -1041万株
12月02日    6925万株   +976万株  1億5666万株   -942万株
12月01日    5949万株   +1757万株  1億6609万株   -660万株
11月30日    4191万株   +746万株  1億7269万株   +948万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
11月13日 701億円
11月18日 701億円
12月21日 701億円
12月22日 701億円
12月30日 701億円
1月4日  501億円
1月15日  501億円
1月20日  501億円
1月28日  501億円
2月26日  501億円
3月4日  501億円
3月5日  501億円
3月22日  501億円
3月24日  701億円
3月30日  501億円
4月21日  701億円
6月21日  701億円
9月29日  701億円
10月1日  701億円

株探ニュース

【関連ニュース】
今週の【早わかり株式市況】3週続伸、オミクロン株とインフレに警戒も買い戻し優勢
【↓】日経平均 大引け| 4日ぶり反落、薄商いのなか膠着状態に終始 (12月24日)
日経平均24日大引け=4日ぶり反落、15円安の2万8782円


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

カテゴリ 「みんかぶニュース その他」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »