株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ミライアル、半導体関連製品の売り上げ好調  1月13日10時00分

 ミライアル<4238.T>は昨年12月8日に、22年1月期通期の連結経常利益が前期比85.5%増の17億7000万円になる見通しだと発表。期末配当は25円を計画し、中間配20円とあわせた年間配当は45円(前期は30円)とする方針だ。

 同社はプラスチック成形事業が主力で、半導体関連製品ではシリコンウエハー出荷容器・工程内容器に加え、高機能樹脂製品の売り上げが堅調に推移すると予想。成形機事業に関連する自動車業界や電機業界も緩やかに需要が回復するとみている。23年1月期も半導体投資の活発化などを背景に良好な事業環境が見込まれる。

 足もとの株価は全体相場の影響もあって上げ一服商状となっているが、短期トレンドを示す25日移動平均線は上昇基調を維持。PBRは1倍割れと割安感もあり、押し目買いスタンスで臨みたい。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
メガバンクや生保株が頑強、米長期金利上昇に加え日本国債への海外マネー流入に思惑◇
東洋電はプラス圏へ浮上、22年5月期業績予想を下方修正も材料出つくし
ファストリは大幅反落で1年5カ月ぶり安値圏、地合い悪のなか決算発表前で買い見送り


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »