株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

(中国)上海総合指数は0.31%安でスタート、米金融引き締めへの警戒感で  1月14日10時55分

14日の上海総合指数は売り先行。前日比0.31%安の3544.06ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.74%安の3529.05ptで推移している。米金融引き締めに対する警戒感が強まっていることが圧迫材料。また、国内外での新型コロナウイルス感染の増加なども引き続き警戒されている。ほかに、12月の貿易統計がきょう14日に発表される予定となり、積極的な買いが手控えられている。




<AN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »