株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

軟調、25日線割れで売り手優位  1月14日08時31分

[本日の想定レンジ]

13日の米国市場では、NYダウが176.70ドル安の36113.62、ナスダック総合指数が381.58pt安の14806.81、シカゴ日経225先物が大阪日中比275円安の28275円といずれも下落。本日の日経平均は軟調が予想される。昨日は25日線と日足一目均衡表の雲下限を再び下回り、売り手優位の形状で終了。ローソク足は陰線の胴体部分が前日陽線の胴体部分に収まる「陰の陽はらみ」を示現したこともあり、短期的な下落圧力の強まりが予想される。11日安値28089.49円が下値めどとして意識される一方、心理的な節目の28500円が上値抵抗線となりそうだ。

[予想レンジ]

上限28550円−下限28000円



<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »