株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

来週の為替相場見通し=引き続き米長期金利やNYダウを注視  1月14日18時27分

 来週の外国為替市場のドル円相場は、25~26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を意識してやや様子見となる可能性がありそうだ。予想レンジは1ドル=113円30~114円60銭。

 米国は17日がキング牧師誕生日で休場となり、18日に米1月ニューヨーク連銀製造業景気指数、19日に米12月住宅着工件数、20日に同中古住宅販売件数が発表される。米国以外では17日に中国で10~12月期国内総生産(GDP)、18日にドイツZEW景況感指数が発表となる。国内では17~18日に日銀金融政策決定会合が開催されるが、現状維持となりそうだ。来週も引き続き米長期金利やNYダウの動向に左右される展開が見込まれる。



出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
来週の株式相場に向けて=大学ファンド思惑での物色も
日銀為替市況 午後5時時点、113円79~80銭のドル安・円高
日銀為替市況(ドル円・午後5時)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »