株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メディア掲載実績

  • 2017.6.7
    PRESIDENT WOMAN 2017年7月号(新しいお金の増やし方)でトレダビが紹介されました。
  • 2017.2.12
    日経ヴェリタスに「投資の助っ人 株アプリ広がる」という記事でトレダビが紹介されました。
    日本経済新聞社の許諾を得て転載しています。許諾番号30053738
  • 2016.03.03
    日本経済新聞の夕刊の記事にて「トレダビ」が紹介されました。

    株式投資、アプリが練習台に 仮想通貨で取引実践

    (前略)

    ■大会で資産増加競う
    さらに実践的な形で株取引について学びたい人には、投資情報サービスのK―ZONE(東京・中央)が提供する「トレダビ」がある。東京証券取引所の日々変動する実際の株式データを使いながら株の売買をシミュレーションするゲームだ。
    ユーザーは登録時に「1000万円分の仮想マネー」を受け取り、ゲーム上で取引を繰り返しながら増やしていく。ゲームとはいえ、本物の株価データを使いながら行うため、実際の取引に近い体験ができる。
    同社は全ユーザーを対象に年4回、資産の増加を競う大会を開催。トップ10までのユーザーには、賞品を授与する。トップのユーザーには、実際の取引を開始するための資金として現金10万円を贈る。池野雄人常務は「投資の練習の場として活用してほしい」と話す。同社のデータでは、アプリ登録者の約85%は投資未経験だが、全ユーザーの約6割は2年後に実際の取引に向けて口座を開設している、という。

    (後略)

    日本経済新聞社の許諾を得て転載しています。許諾番号30050433

    株式投資、アプリが練習台に 仮想通貨で取引実践
  • 2015.7.18
    日本経済新聞に「資産運用、まず仮想体験」という記事でトレダビが紹介されました。
    日本経済新聞社の許諾を得て転載しています。許諾番号30050433
  • 2015.3.11
    学研パブリッシング出版『お金のきほん 図解はじめての株』に「ちょっと自信がないというときには はじめる前にシミュレーションを」という内容でトレダビが掲載されました。
  • 2014.10.6
    BSスカパー「ニュースザップ」にて、当日のニュースを元にトレダビで株の売買して総資産1億円を目指すというコーナーでトレダビが利用されました。
  • 2013.10.31
    マンガ「インベスターZ」(講談社)第 19 話で登場人物「藤田美雪」によりトレダビが株取引の練習ツールとして取り上げられました。

2013年以前はこちら

新聞/雑誌/TV/書籍

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位