株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®の仕事

  • PR
  • PR
  • PR
 

早いもので私が証券市場というこの魅惑的な、しかし、どうにも得体の知れない世界に足を踏み入れて42年となりました。ニューヨークで証券アナリストの道を歩み始め、9年間にわたり綺羅星のようなプロの胸を借りることができたのは本当に幸せでした。東京に戻りアナリスト兼ストラテジストとなり、バブルの絶頂期の6年を過ごしました。そして、1990年から外資系の資産運用会社で社長として15年間、年金運用に携わりました。幸いにして事業は拡大し、業界でもトップクラスの年金資産を受託させていただきました。2005年に起業、I-Oウェルス・アドバイザーズ(株)を設立し、それから8年余にわたって投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®としての道を歩み始めました。

まず、I-Oウェルス・アドバイザーズという社名の「I-O」についてご説明します。「I」はInside Wealth、つまり、心の内側の富を意味します。「O」はOutside Wealth、外側の富です。つまり、「物心両面での豊かさを実現するための資産運用を広めたいという願い」が込められています。対象はあくまで普通の生活者です。毎日、一生懸命、額に汗して働き、生活をしているそのような人たちが退職をした後もゆたかでしあわせな人生を送れるための経済的基盤を構築する方法をお教えしてきています。

世の中には質の高い投資信託など随分、増えてきました。それはとても良い事なのですが、どんなに良い投資信託でも、正しい使い方を知らなければその長所が生かされることはありません。様々な投資商品をうまく組み合わせて管理していくことで、目的とする資産額にできるだけ少ない変動で近づける、それが資産運用です。

人生を通じての資産運用は決して難しいものであってはいけません。ちょうど、コンビニで買い物ができる程度の常識でいいのです。コンビニにランチを買いに行くとしましょう。昨夜は少々、食べ過ぎたので今日は軽くサンドイッチにしよう。サンドイッチのカロリー、賞味期限、メーカー、値段などをざっと見て、お茶などの飲み物を手にしてレジに向かいます。それだけのことです。重要なことは自分が「何を必要としているか」ということがはっきりとわかっていることです。ところが金融商品になると、欲に目がくらむというのでしょうか、つい、勧められたもの、みんなが買っているもの、いま、値上りしているものに手がでてしまうのです。「自分が司令塔になる」ということさえはっきりしていれば資産運用を始めるのはそんなに難しいことではありません。

本当に難しいのはそれを「続ける」ということです。せっかく始めた人生を通じての資産運用も、途中で市場が暴落などすると止めてしまう方がとても多いのです。長期投資の効果が出る前に止めてしまう。これは本当に残念なことです。

資産運用というのは結構、ストレスが強いものなのです。なぜなら、長期的な目的に向かって長旅をしていても、毎日開かれているマーケットでいつも大きな価格変動が起こっているからです。つい、横目でそれを見ていると、マーケットの動きにつられて長期目的から外れたことをしてしまうのです。これを避けるためには資産運用を始めるための基礎知識だけではなく、それを続ける過程で生じるストレスをマネージしていくことが重要なのです。私はそれを「金融的癒し」という意味でファイナンシャル・ヒーリングと呼んでいます。

その意味では投資教育とファイナンシャル・ヒーリングは車の両輪です。私が投資教育家&ファナンシャル・ヒーラー®と名乗っている背景もそこにあります。このコラムを書かせていただくことになりました。ありがたいことです。私がこれまで学んできたことをみなさまにお伝えしていきたいと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。

岡本 和久(おかもと かずひさ)氏プロフィール
過去コラム一覧

岡本 和久

ファイナンシャル・ヒーラー®

CFA 協会認定証券アナリスト (Chartered Financial Analyst)
I-O ウェルス・アドバイザーズ株式会社 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒。大手証券会社のニューヨーク現地法人、情報部などで証券アナリスト・ストラテジスト業務に従事、1990年に、バークレイズ・グローバル・インベスターズを設立、2005年まで 15年間代表取締役社長として年金運用業務に携わる。2005年5月、個人投資家向け投資セミナーを行うI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。現在、同社でマンスリー・セミナー、ハッピー・マネー教室などを開催する傍ら、長期投資家仲間によるクラブ・インベストライフを主宰。

著書に『瞑想でつかむ投資の成功法』(総合法令)、『金遣いの王道』(林望氏との共著、日経プレミアシリーズ)、『資産アップトレーニング』(日本経済新聞出版社)、『100歳までの長期投資*コア・サテライト戦略のすすめ』(日本経済新聞出版社)、『長期投資道』(パンローリング)、『老荘に学ぶリラックス投資術』(パンローリング)、『親子で学ぶマネーレッスン』(創成社)など多数。

日本証券投資顧問業協会理事、同協会副会長兼自主規制委員会委員長、投資信託協会理事、日本CFA(Chartered Financial Analyst)協会会長。経済同友会会員。

掲載日:2013年7月22日

 
 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »