株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大切なことはすべて経営者から学んだ

  • PR
  • PR
  • PR
 

勝間和代さん(経済評論家、元公認会計士)、山田真哉さん(『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』の著者、公認会計士)のお蔭もあって、広く世に知られるようになった公認会計士という職業。資格。でも実際には、公認会計士が何をしているのか良く知らない方も多いのではないでしょうか。それについては後述いたしますが、公認会計士が経営者や役員クラスの方と直接お話をさせていただく機会の多い職業であることは間違いありません。そこで本コラムでは、公認会計士として日々経営者やリーダーと接している筆者が、彼らから学んだ大切な事について書いてみたいと思います。

そもそも、公認会計士というのは、公認会計士試験に合格した後、一定の経験を積むと得ることができる国家資格です。この資格を持っているからといって、仕事の内容に制約はありませんので、どんな仕事をしているのかは人によって異なっています。ただし、公認会計士だけに許されている業務があります。それが財務諸表の監査です。株式会社は、規模の大小に関わらず、貸借対照表や損益計算書といった決算書によって業績を公表しなくてはなりません。ちなみに、家族経営規模の企業であっても、株式会社であれば、決算書の公表が義務付けられているんですよ。公表の度合いは企業の規模によって異なるのですが、一定規模以上の株式会社や、上場している株式会社の場合には、決算書を公表するのみならず、その決算書に誤りがないかどうか公認会計士によるチェックを受けることまで義務付けられています。

この公認会計士による決算書のチェックを、財務諸表監査、と言います。

投資家は「株を購入するかどうか」、金融機関は「お金を貸すかどうか」、他の企業は「取引をするかどうか」といった判断をする際の材料としてその企業の決算書を利用しますが、もしも、決算書に粉飾があったらどうなるでしょうか。それを信じた取引先等に多大な悪影響を与えるのみならず、社会に混乱をもたらしますよね。過去の粉飾決算事件を思い出せば、すぐにお分かりになることでしょう。そこで、そういった企業は公認会計士による決算書のチェックを受けなければならないと法律で決められているのです。もちろん、24時間365日、企業にはりついて監視しているわけではありませんので、すべての粉飾決算を見抜けるわけではありません。ただ、大規模な粉飾決算事件になる前に消し止められている火がたくさんあることも事実なんですよ。

どこかの企業の「有価証券報告書」をご覧になることがあるようでしたら、是非、「独立監査人による監査報告書」というページを探してみてください。公認会計士によるチェックの結果がそこに記されています。大きな粉飾決算は見られなかったと判断した場合には、監査報告書に「適正である」と書いてあるはずです。

公認会計士(または、公認会計士が集団になって作った監査法人)は、経営者とお話をさせていただいたり、企業の取引相手に問い合わせをしたり、金庫の中身をチェックしたり、通帳と書類を突き合わせたりして、決算書に誤りがないかどうかを調べます。そのため、新人の頃から企業の経営者や役員クラスの方と接する機会がたくさんあります。私も、監査の仕事において役員クラスの方とお話をさせていただいたのはもちろんのこと、社会人1年目(公認会計士1年目)にしてクライアントの監査役の方と一緒にランチをいただいたこと、クライアントの経営者の方から誕生日のプレゼントをいただいたことなど、今でもよく覚えています(15年近く前の話です)。

監査以外の業務においても同様です。私も、監査を辞めてからは、コンサルタントとして中小ベンチャー企業の経営者の方と日々一緒に歩んでおります。

「やるかするか」「大切なのは心の在り方」「お客様は笑顔で去っていく」etc、ビジネスや人生において大切なことはすべて経営者の方々から教えていただいたように思います。それを少しずつ、本コラムに記していこうと思います。

平林亮子(ひらばやし りょうこ)プロフィール
過去コラム一覧

平林 亮子

公認会計士。中小ベンチャー企業をサポートする公認会計士集団アールパートナーズ代表。

1975年千葉県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科出身。大学3年次在学中に公認会計士試験合格。太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)にて国内企業の監査に多数携わった後2000年に25歳で独立。現在にいたる。

企業やプロジェクトのたち上げから経営全般に至るまで、あらゆる面から経営者をサポートしている。また、女性プロフェッショナルに関するプロジェクト「SophiaNet」プロデューサーを務めるなど、経営サポートに必要な幅広いネットワークを持つ。コンサルティング業務のかたわら、テレビ朝日『モーニングバード!』のレギュラーコメンテーター(2011年)、ラジオNIKKEI『平林亮子と岸田恵美子のちょっぴりおとなのマネー&マネー』のメインパーソナリティー(2013年)を務めるなど、マスコミでも活躍。さらに中央大学商学部客員講師(2010年度)、上場企業等の社内研修講師、中小企業総合展(中小企業基盤整備機構主催)特別講演講師を務めるなど、学校、ビジネススクール、各種セミナーなどで講義、講演も積極的に行っている。

決算書を楽しもう』(ダイヤモンド社)、『お金が貯まる5つの習慣』『相続はおそろしい』(幻冬舎新書)『レシートで人生を変える7つの手順』(幻冬舎)など、著書は40冊を超える。

アールパートナーズ
http://www.r-cpa.co.jp

平林亮子の酸素派人間のススメ!
http://www.hirabayashi-cpa.com

掲載日:2013年7月26日

 
 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

おすすめ証券

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位