株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

楽して儲ける方法はありませんか?

ここ10年近く色々な形で中高生に出張授業をしています。事前に質問を書いておいてもらうことが多いのですが、その際に意外に多い質問が、「楽して儲ける方法はありませんか?」というものです。その質問に対しては次のように答えています。

 「儲けるためには働かなければならない。『働く』ということは『はた』を『らく』にしてあげることをいうんだ。『はた』の人たち、広く言えば世の中のためになることをすれば、みんなに感謝される。その感謝のしるしとしてお金がもらえる。つまり、お金は『はた』を『らく』にしてあげることに対する『感謝のしるし』なんだ。君たちがお金を稼ごうとするなら、みんなに感謝されることをしなければならない。自分が楽をしようと思ったら君たち自身がお金を払わなければならなくなってしまう。だから、楽して儲け続けるということはあり得ない。額に汗をして働き、みんなのためになることをすることではじめてお金を手に入れることができる」

この質問は決して中高生だけに限ったものではないように思います。就職をして仕事をしている人でも同じようなことを考えている人もいるのではないかと思います。それは、多くの人がお金は「うまいことをすれば簡単に手に入る」と考えているからでしょう。しかし、仮に簡単に儲かることがあったとしても、そのようなお金は「イージーカム・イージーゴー(簡単に手に入ったものはすぐなくなる)」という言葉通り身につかないものです。また、そのような儲けは持続的な収入とはなりえません。

私は「しあわせ持ち」になるために「六つの富(ふ)」ということをよくお話しています。それらは、ファイナンシャル・アセット(金融資産)、フィットネス(健康)、ファミリー(家族)、フレンド(交友関係)、ファン(楽しみ、趣味)、フィランソロピー(社会貢献)です。すべて「フ」から始まっているので六つの「フ」つまり「富」と呼んでいるのです。

この「六つの富」にどうして「仕事」がないのですかと聞かれることがあります。その答えは次のようなものです。仕事の金銭的な目的は、まず、今の生活や子供の養育のための費用と、そして、退職後の生活の備えとして資産を形成することにあります。そして、仕事で報酬を得るためには、それが世の中に役立つことが前提です。世の中のためになってこそ感謝のしるしとしての収入があるのです。ですから、仕事は社会貢献としての意味を持ちます。そして、そのような仕事をしていれば当然、ワクワクしながら楽しく仕事ができます。つまり、仕事というのは六つの富のうちファイナンシャル・アセット、フィランソロピー、ファンの合体したものだと言えるのです。そして、そのような仕事に励むためには健康で、良い家族や友だちに恵まれていることが大切なのです。

子供たちの質問への答えはこのように締めくくります。

『「楽(らく)して儲ける」なんていうことはできないよ。でも「楽(たの)しく儲ける」ことはできる。「楽して」と「楽しく」はたった一字の違いだけれどとても大きな意味を持った違いなんだよ』

 

岡本 和久(おかもと かずひさ)氏プロフィール
過去コラム一覧


ファイナンシャル・ヒーラー ®

CFA 協会認定証券アナリスト (Chartered Financial Analyst)
I-O ウェルス・アドバイザーズ株式会社 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒。大手証券会社のニューヨーク現地法人、情報部などで証券アナリスト・ストラテジスト業務に従事、1990年に、バークレイズ・グローバル・インベスターズを設立、2005年まで 15年間代表取締役社長として年金運用業務に携わる。
2005年5月、個人投資家向け投資セミナーを行うI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。現在、同社でマンスリー・セミナー、ハッピー・マネー教室などを開催する傍ら、長期投資家仲間によるクラブ・インベストライフを主宰。

著書に『瞑想でつかむ投資の成功法』(総合法令)、『金遣いの王道』(林望氏との共著、日経プレミアシリーズ)、『資産アップトレーニング』(日本経済新聞出版社)、『100歳までの長期投資*コア・サテライト戦略のすすめ』(日本経済新聞出版社)、『長期投資道』(パンローリング)、『老荘に学ぶリラックス投資術』(パンローリング)、『親子で学ぶマネーレッスン』(創成社)など多数。

日本証券投資顧問業協会理事、同協会副会長兼自主規制委員会委員長、投資信託協会理事、日本CFA(Chartered Financial Analyst)協会会長。経済同友会会員。

掲載日:2014年1月14日

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »