株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外貨投資に外貨預金を使ってはいけない

外貨投資というと、多くの人はまず銀行で外貨預金を始めるようです。そんなニーズを取り込もうと、銀行の店頭で金利優遇キャンペーンというのを見かけることがあります。例えば、米ドルなら外貨定期預金の金利を3%に優遇します、というようなものです。

低金利の環境下、3%というのはかなり魅力的に見えるのかもしれません。しかし、この優遇金利は最初の3カ月だけしか適用されないケースがほとんどです。しかも、為替手数料は売買それぞれで1ドルに付き1円しっかり取られます。

では、この優遇金利で外貨預金をするとどうなるのでしょうか?

3カ月の3%の金利は年換算だと0.75%。さらにそこから20.315%の税金が差し引かれます。為替手数料は往復で2%近くかかりますから、為替レートが変動しなかったとすると、為替手数料の方が金利より大きくなり、元本割れになってしまうのです。これは為替手数料が極めて高いことが原因です。

同じ外貨取引の商品にFX(為替証拠金取引)があります。一般には極めてリスクの高い「危険な商品」という認識です。

しかし、このFX取引は外貨預金に比べ圧倒的に為替手数料が低くなります。もっと正確に言えば、為替手数料はゼロ。買値と売値のスプレッドしかコストがかからないのです。ドル円の場合、わずか0.4銭という場合もあります。

メガバンクの為替手数料が買いと売りで2円(=200銭)とすると、単純計算でFXのコストはその500分の1ということになります(もちろん商品性は異なります)。

FXが危険だと言われるのは、レバレッジがかけられるからです。日本国内では規制によって25倍までに制限されていますが、それでも持っている資金の25倍の取引ができるというのは、4%マイナス方向に動けば、元本がすべてなくなってしまう、かなりのリスクです。

しかし、FX取引でもレバレッジを下げることはできます。会社によってはレバレッジ1倍コースという商品を提供しているところもあります。自分で25倍の資金を入れれば実質のレバレッジは1倍。これなら為替の変動に伴うリスクは外貨預金と同じになります。

私は、FXのデイトレードはしませんが、外貨投資には、FXを使います。例えば、米国にドル送金する時は、銀行ではなくFX会社に円を送金。必要な金額分のドルの買いポジションを作ります。それを「現受」という方法でそのままドルで受け取るのです。そのまま銀行にドル送金すれば、銀行に為替手数料を払わなくても外貨の調達ができます。

確かに、FXの口座開設は何だか怖いし、禁断の世界に足を踏み入れるような気分があります(笑)。しかし、何も考えずに、「優遇金利」の外貨預金に大量の外貨を預け入れている人を見ると、そっちの方がよっぽど怖いと思ってしまいます。

自分で勉強して、考える習慣をつけないと、気が付かないうちに必要のないコストを支払ってしまいます。「ハイリスク・ローリターン」の金融商品は金融機関のカモになっている状態です。

金融の世界は、知識の無い人が、合法的にカモられていく仕組みになっているのです。

内藤 忍(ないとう しのぶ)プロフィール
過去コラム一覧


株式会社資産デザイン研究所代表取締役社長

一般社団法人海外資産運用教育協会代表理事

1964年生まれ。
1982年 東京大学文科2類に入学。
1986年 東京大学経済学部卒。大学卒業後、住友信託銀行に入社。東京中央支店に配属。
      2年目から資金為替部で為替ディーリング業務を担当。
1989年 社内留学生制度で、MITスローン・スクール・オブ・マネジメントで留学。
      MBA取得。帰国後、市場金融部、企画部、総合資金部で資産運用業務を担当。
1997年 住友信託銀行を退社。
      英系資産運用会社のシュローダー投信投資顧問
株式会社に入社。
      ファンドマネージャーとして債券とグローバル・アセット・アロケーションを担当。
1999年 株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)に入社。商品開発、資産設計
      などを担当。
2004年 個人向け投資商品企画・運営会社であるマネックス・オルタナティブ・インベスト
      メンツ株式会社代表取締役に就任。
2005年 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長に就任。
2011年 クレディ・スイス証券プライベート・バンキング本部ディレクター。
2013年 株式会社資産デザイン研究所設立。代表取締役社長に就任。
       一般社団法人海外資産運用教育協会設立。代表理事に就任。

主な著書に、シリーズ12万部を超えるベストセラーとなった「内藤忍の資産設計塾」シリーズ(自由国民社)、「60歳までに1億円つくる術」(幻冬舎)、「「好き」を極める仕事術」(講談社)、「丸の内朝大学マネーの教科書」(朝日新聞出版)、「内藤忍の投資手帳」(ディスカヴァー21)、貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい!」(ディスカヴァー21)など多数。

公益社団法人日本証券業協会証券検定会員。 


掲載日:2014年2
月18

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »