株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今年の女性消費者はどういう買い物をするのか

  • PR
  • PR
  • PR
 

ちょっと前の話で恐縮ですが、かなり面白い調査結果が出たと思いますので、ここで紹介させていただきます。

ハー・ストーリィでは、昨年12月に「女性のライフスタイルと消費に関する調査」を行い、その結果をまとめました。調査対象は20代から50代までの女性、1960人です。その結果を見て、私は2014年の女性消費者の傾向を、次のように定義づけたいと思います。

それは、「定番」。

長年にわたって続いたデフレによる節約志向は、今も決して緩んでいません。そのため、リーズナブルな商品を好む傾向は、今も続いています。とはいえ、リーズナブルなだけではダメで、中身が伴っている必要があります。そこで、質実剛健で売れ続けている定番商品が、注目を集めるというわけです。

さて「定番」というと、誰が所有してもある程度、見栄えがするという使い勝手の良さがある一方で、「他の人と被る」、「特別感がない」、「個性に欠ける」、という側面があります。つまり、安定している反面、どこか物足りない。そこで注目されるのが、「プチ・アレンジ」です。

そう。今、女性の間には着実にアレンジ・ブームが広まっています。実際、今回のアンケート調査でも、対象となった1960人のうち67.9%の人が、「アレンジ・ブームが起こっている」と回答しました。そして、自分の持ち物にアレンジやデコレーションをしたことがあると答えた女性は3割に上りました。

アレンジ経験のある女性に理由を聞いたところ、次の4つの回答が上位に来ました。

「自己満足のため」(50.4%)
「自分がイメージした通りに可愛らしくできるから」(42.6%)
「飾り付けやちょっとした工夫が好きだから」(41.6%)
「自分が過ごす空間を自分らしく、心地よいものにしたいから」(36.4%)

こうした女性消費者の行動マインドを一言で言い表すと、こうなると思います。
「均一という安全パイの中での個性探し」。
企業は目ざといもので、こうした女性の間に広まっているアレンジ・ブームを、サービスや商品に取り入れているところが出始めてきました。

たとえばユニクロの「MY UNIQLO」。手芸専門店ユザワヤの協力を得て、定番中の定番であるユニクロの服に、自分なりのアレンジを施すことができるというものです。あるいは、トヨタ自動車のカーグッズ通販サイト、「ハピカラ」。ここでは、女性から根強い人気のあるブランド「Francfranc」とコラボしたカー用品を扱っていて、社内をトータルにコーディネートできるシートカバーやハンドルカバーが人気を集めています。

こうしたアレンジ・ブームは、SNSの存在によって、より拡大していくでしょう。プチ・アレンジを楽しんでいる女性の多くは、自分オリジナルをSNSにアップしています。
SNSが自分自慢のメディアという側面が多分にあることから考えると、アレンジの理由に「自己満足のため」と答えてはいますが、多くの人は、潜在的に「自分自慢をしたい」という意識が強いのかも知れません。

【女性のライフスタイルと消費に関するトレンド調査結果】 (PDF)

ファッションからクルマまで 定番商品を"自分だけのお気に入り"に変え、
女心のアレンジ願望を叶える商品・サービスが今、人気!
~ 全国 1,960 名の 20~50 代女性への調査結果より ~


日野 佳恵子(ひの かえこ)プロフィール
過去コラム一覧


株式会社ハー・ストーリィ代表取締役

島根県生まれ。 広島市でタウン誌の編集長、広告代理店プランナーを経て、1990年に、さとうみどり(現:ハーストーリィプラス 代表取締役)と2人で創業。 女性マーケティングのパイオニア企業として注目を集める。

全国に女性を中心とした10万人のネットワークを持ち、女性マーケティングの成功は、『関わりと巻き込み』にある、という持論の元、 企業・女性との3者共働型で実践する「クチコミュニティ・マーケティング」を開発。 ※「クチコミュニティ」は、ハー・ストーリィの登録商標です。

創業から20年目を迎えた2010年SNS「暮らしの根っこ」を立ち上げ。 時代の変化に対応した女性マーケティング事業を目指し、これからのライフワークとして取り組んでいる。 「女性」をキーワードにした講演・執筆・取材依頼は年間100本を越える。

株式会社ハー・ストーリィ


掲載日:2014年2月27日

 
 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »