株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

観光立国には国家ブランドの確立を

マスからニッチへ変わる外国人旅行者の志向

大阪の旅行関係者に面白い話を聞いた。安い運賃のローコストキャリア(LCC)が関西新空港に入ったことで、海外から多くの若い人たちが日本を訪れるようになったという。インドネシアの観光客グループは空港でレンタカーを借り、関西のひなびた温泉地に自ら運転して出かける。また、香港から来る女性たちは数か月に1度、心斎橋の美容室に通って来るという。日本の美容技術やホスピタリティのレベルはアジアのどの地域にもないし、お金をかけてわざわざ来る価値があり、ついでに買物もして帰る。

建築後40年、1泊の宿泊費が7,000~8,000円とビジネスホテルとしては決して安くはないDホテルも中国や台湾を中心に個人の旅行者を集めている。いまどきの値下げ競争ではなく、このホテルのユニークな取り組みが功を奏している。たとえば国際電話が24時間無料、ドリンクも無料、週に1回の夜食が無料、乗り捨て可能なレンタサイクル無料と旅行者には嬉しいサービスだ。さらに30カ国以上の外貨両替、多言語対応のパンフレットの整備、日本の文化に触れられる毎週のイベントなど、痒いところに手が届くサービスがある。ツイッターなどで情報発信する宿泊客がまた客が客を呼び、現在は宿泊客の8割が外国人である。

誰にもチャンスが訪れる

私の友人である澤の屋(台東区)澤 功さんも長年、外国人の宿泊客を受け入れ、宿泊客の9割が外国人である。これまで100カ国15万人が澤の屋に宿泊し、25年間の客室稼働率は95%と忙しい。下町の「外国人もてなしカリスマ」である澤さんは、「下町情緒あふれる飲食も多いし、どんな裕福な方でも外国のお客様は無駄を嫌う」と、食事を旅館の外で食べて頂く「寝食分離」をし、シングルでは5,000円程度の低廉な宿泊費、コインシャワーの設置で、家族経営による生活臭もあえて隠さずアットホームなおもてなしを心掛ける。大阪のDホテルや澤の屋のこうした成功は国を挙げての観光政策や予算とは無縁で、ビジネスチャンスを創りだした個人や事業者の努力である。団体ツアーから個人旅行へといった動きが顕著になる中で、エージェントを通さない個人客に対し、魅力あるサービスをインターネットやSNSで情報発信をすれば、あっという間に情報は拡散し、ファミリービジネスの宿泊施設にも、辺鄙な地域にも観光客獲得のチャンスは訪れる。

観光はすそ野の広い産業

銀座の有名ブランドや家電量販店、さらには庶民には高値の花のような老舗鮨屋でも多くのアジアからの旅行者をみかける。日本政府観光局によると、中国人観光客による日本での平均買物額は11万3,700円で国別ではトップで、2位のロシア人(6万8,300円)の1.7倍である。中国からの観光客はカメラやパソコンなどの高額製品を買うことが多く、小売業にとって上得意客である。観光産業はすそ野広い産業と言われ、ホテル、旅館といった宿泊施設にとどまらず、飲食やおみやげといった小売業に至るまで波及効果がある。そのため、小泉純一郎政権時の'03年に「ビジット・ジャパン(VJ)キャンペーン」を開始し、ようやく外国人旅行者が1,000万人(2013年を超えた。今後、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて「インバウンド2,000万人」を目指し、アジアを中心にしたグローバル需要を取り込むべく新たな観光資源の掘り起こしや、ハード、ソフト両面の整備を進めようとしている。

日本の発信力を高めよう

観光大国の先頭を走るフランスは人口6,100万人をはるかに上回る8,300万人(2012年)を世界中から集める。ルイヴィトン、エルメスをはじめとするブランド品、パリコレに代表されるファッション、ワイン、美しい街並みを有するフランスに魅了される人は多い。パリをはじめ多くフランスの小さな村はパリを志向しておらず、それぞれの町の個性や美観、歴史や文化を重んじている。いろいろな魅力を兼ね備えた「国家ブランド」を確立しているように思える。
一方、日本はどうだろう。農村風景や歴史的な建築、アニメや漫画などは世界で高く評価され、世界文化遺産に登録された和食、日本人の勤勉さ、世界一正確な交通機関、高品質な製品など、世界に誇れるものは多い。政府の海外向け広報予算が少ないこともあって、「宝の持ち腐れ」になっていることが残念だ。国も民間事業者に負けず発信力を高めてほしい。

白石 真澄(しらいし ますみ)プロフィール
過去コラム一覧


関西大学教授

1987年 関西大学大学院修士課程 工学研究科 建築計画学専攻 修了
(株)西武百貨店、(株)ニッセイ基礎研究所 主任研究員を経て、2002年4月より東洋大学経済学部 社会経済システム学科教授
専門テーマは「バリアフリー」、「少子・高齢化と地域システム」


掲載日:2014年3月5日

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »