株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

意外!新潟に雪がない~景気への影響は

ようやく春らしくなってきました。今年の冬は大雪が続き、経済的な影響も少なくありませんでした。東京では、2月の大雪の後、スーパーの棚から納豆、乳製品などが消えていましたし、野菜は値上がりしました。ユニクロの2月の来店客数は前年同月比4.2%減でした。既存店売上高も0.8%増にとどまり、1月の15%増から大幅に鈍化しました。全体として消費を鈍らせたようです。

そんな大雪の余韻がまだ残る3月上旬、新潟市に出かけて意外な光景を目にしました。雪が全くなかったのです。降っていないどころか、積もっていないのです。東京では2月の大雪のあと、ずいぶん長い間、雪の塊が道路脇などに残っていましたが、新潟市内ではどこを見渡しても雪のかけらも見当たりませんでした。

 驚いて気象庁のデータを調べてみたところ、新潟市の1月の降雪量はわずか12センチ、2月も37センチにとどまっていました。東京は2月の2度の大雪で降雪量は49センチでしたから、2月に限れば、なんと新潟の方が東京より雪が少なったのです。

この逆転現象は、珍しいニュースを生みました。大雪に見舞われた山梨県や埼玉県から新潟県に対し除雪車の出動など支援要請が来たのです。自治体同士が結んでいる災害相互援助協定に基づくものでしたが、これを受けて新潟県内の建設・運輸業者が保有する除雪車とオペレーターを急きょ山梨や埼玉に送りました。「今年は除雪車が稼働していないので、直ちに関東への応援に出すことができた」(関係者)そうです。

 雪が少なかったのは新潟だけではありません。1月下旬に富山市を訪れた際も、雪が全くありませんでした。地元の人は「こんなに雪が少ないのは初めて」と口をそろえていました。

 気象庁によれば、昨年12月~今年2月の北陸地方の降雪量合計は平年のわずか34%でした。これは大暖冬といわれた2007年以来の少なさですが、今年はもちろん暖冬ではありません。北陸地方の気温は平年より低くなっていますから、この雪の少なさは異例です。

 こうした異変は経済活動にも微妙な影響を与えています。雪国の人たちにとって大きな負担となっている雪下ろしなどの除雪作業が軽減されたり、外出しやすくなって消費が増えるなどのプラス面がある一方で、建設業者などにはむしろ打撃となっているといいます。

 雪国では冬場の建設工事が減るため、自治体から請け負う除雪車の出動など除雪作業が貴重な収入源となっているのですが、今年はそれがないため大幅に収入が減っているそうです。平野部に近い県内のスキー場も困っているという話しも聞きました。

 実は、北陸地方は昨年まで他の地域に比べ景気回復のペースが遅れていました。たとえば日銀が四半期ごとにまとめる地域経済報告(いわゆる「さくらレポート」の昨年10月の報告では、全国9ブロックのうち北陸だけが「回復」の景気判断に達していませんでした。それが今年1月の報告では北陸も「緩やかに回復しつつある」と景気判断を上昇修正され、全国すべてのブロックで「回復」との判断となりました。これは、日銀が「さくらレポート」の発表を開始した2005年以来初めてのことで、アベノミクスによる景気回復の波が北陸にも及んできたことを示しています。

 そういうタイミングだけに、雪の影響が気になるところです。もちろんそれが景気全体の行方を左右するわけではありませんが、天候による影響にもきめ細かく目を配る必要がありそうです。これから春らしい天候になってくれば、北陸の景気も温めてくれることに期待しましょう。

岡田 晃(おかだ あきら)プロフィール
過去コラム一覧

1971年日本経済新聞に入社。松山支局、東京地方部、産業部などを経て、編集委員。

1991年にテレビ東京に異動、経済部長、テレビ東京アメリカ社長、理事・解説委員長などを歴任、「ワールドビジネスサテライト(WBS)」など多くの経済番組のキャスター、コメンテーター、プロデューサーを担当した。

2006年にテレビ東京を退職。大阪経済大学客員教授(大学院経済学研究科および経済学部)に就任し、現在に至る。

現在、東京MXテレビ「東京マーケットワイド」(インターネットテレビ「ストックボイスTV」でも視聴可能)に毎週1回レギュラー出演中。

新著『やさしい「経済ニュース」の読み方』(三笠書房)
公式ウェブサイト http://okada-akira.jp/

 

掲載日:2014年3月24日

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »