株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

女子化する男子の購買行動

 ハー・ストーリィでは、これまで7年間にわたって、4万3,140名の方々のご協力によ り、男女の購買行動のパターンを分析してきました。そのデータを見ていて、最近、ちょっと気になることがあります。それは、男子の購買行動が女子のそれに 近づいてきているということです。

 夫婦や恋人と買い物に出かけた時、ひょんなことでケンカになった経験のある方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。男性からすれば、ウィンドショッピングにさんざ引き回されてこう思うに違いありません。
「どうして買い物するくらいでこんなに時間がかかるの?」
一方、女性からすればいきなり高価なものを買ってくる男性を見て、きっとこう思うでしょう。
「ちゃんと慎重に考えないで、どうしてそんなに高価なものをポンポン買えるの?」

 これは、男性と女性とで、買い物に対する行動パターンが異なるからです。
7年間の調査結果を通じて、次のようなことが分かりました。

 まず、「7年間を通じて男女の乖離が大きく、『男性』が『女性』より重視している行動ベスト3」を見ると、

(1)新商品については、まず「機能」、「性能」が気になる。
(2)サイフのポイントカードは数枚にしたい。
(3)高価な物を買うと達成感がある。

 これに対して、「7年間を通じて男女の乖離が大きく、『女性』が『男性』より重視している行動ベスト3」を見ると、

(1)長時間、いろいろな場所をウィンドショッピングするのは楽しい。
(2)カラーバリエーションが多いだけで嬉しくなる。
(3)旅行のお土産を友達に買って帰ることが多い。

 というものでした。なるほどこの結果であればウィンドショッピングや高価な買い物で、男女の間に亀裂が入るのも当然といえるでしょう。これだけ意識の差異があるのですから。

 ところが最近の傾向を見ていると、特に30歳以下の若年男子の間に、買い物において女性的な行動を取るケースが目立つようになってきました。たとえば男性は目的買いが主流なのに、女性のウィンドショッピングと同じように回遊買いを行う人が増えているのです。
なぜでしょうか。

 それは買い物の環境が大きく変わってきたからではないかと私は考えています。今の日本は、物が溢れています。そのうえ、どの商品を見ても機能はパーフェクトに近い。そうなると、機能や性能を重視して、より良い物を探して獲得しに行く時に、それが高価な物であったとしても、頑張って手に入れるという、男性が本来持っている狩猟本能が後退しているのではないかと思うのです。結果、買い物をするにしても、女性のようにカラーバリエーションが多いと嬉しくなるな ど、情緒的な判断基準で物を選ぶ傾向が強まってきているのではないでしょうか。

 こうした変化は、最終消費財メーカーが男性に物を売る際のマーケティングや、若い社員をマネジメントする際の参考材料にもなると思います。私たちは「買物脳診断」と称して、ハー・ストーリィのサイト上で、この診断を無料で行っています。

一度、おためしあれ。

ハー・ストーリィ『男女購買特性診断』

 男性と女性では脳の構造が違います。
あなたの脳は男脳ですか?女脳ですか?あまり迷わず、直感的に答えてくださいね。
この診断はあくまで男の人に多く見られる傾向を「男脳」、女の人に多く見られる傾向を女脳としています。 男性で「女脳」、女性で「男脳」の人もいます。男性上司に理解されない男性部下、女性部下の気持ちが分からない女性上司は納得できるかも?

 診断はコチラ
 みんなの診断結果はコチラ

日野 佳恵子(ひの かえこ)プロフィール
過去コラム一覧


株式会社ハー・ストーリィ代表取締役

島根県生まれ。 広島市でタウン誌の編集長、広告代理店プランナーを経て、1990年に、さとうみどり(現:ハーストーリィプラス 代表取締役)と2人で創業。 女性マーケティングのパイオニア企業として注目を集める。

全国に女性を中心とした10万人のネットワークを持ち、女性マーケティングの成功は、『関わりと巻き込み』にある、という持論の元、 企業・女性との3者共働型で実践する「クチコミュニティ・マーケティング」を開発。 ※「クチコミュニティ」は、ハー・ストーリィの登録商標です。

創業から20年目を迎えた2010年SNS「暮らしの根っこ」を立ち上げ。 時代の変化に対応した女性マーケティング事業を目指し、これからのライフワークとして取り組んでいる。 「女性」をキーワードにした講演・執筆・取材依頼は年間100本を越える。

株式会社ハー・ストーリィ


掲載日:2014年3月21日

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »