株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大切なことは経営者から学んだ

「プロとして良い仕事をしようと思うなら、土日なんて関係ないものと思いなさい。」
公認会計士の先輩の言葉をふと思い出しました。
2000年に25歳で監査法人から飛び出した私に、独立して何年も活躍し続けている先輩会計士がおっしゃった言葉です。当時は、
「監査法人を離れサラリーマンを辞める以上、休日という概念は捨てなさい。いつでも働く覚悟を持ちなさい。」
ということだと理解しました。

独立して丸14年が経過しようとしている今、あらためて、その言葉をかみしめています。
それは、私の周囲にいる経営者さんがとにかく良く働くのを目の当たりにし、
「本当に、平日とか休日とか、関係ないのだなあ」
と実感してきたからだと思います。

そんなことを言うと、
「うそだあ、うちの会社の社長は、全然働いていないよ!」
という声も聞こえてきそうです。おそらく、そういう経営者さんもいるのだと思います。実際、そういう経営者さんがいるという事実を耳にすることも多々あります(笑)

でも、私の周囲にいる経営者さんは、個人事務所の代表であっても、ベンチャー企業の社長であっても、上場企業の役員であっても、みなさん、ほとんど24時間365日働いているのではないかと思います。
もちろん
「働く」
といっても、汗水流して駆けずり回っているのとは違うかもしれません。事務作業や書類作成、商品の売り込みをしているわけではないかもしれません。
そうではなくて、
「常に仕事のことを考えている」
という意味です。たとえば、会食やカラオケの席などでも、頭の中では、いつも、仕事のことを考えているように感じるのです。
会食やカラオケを楽しんでいないということではなく、公私の区別があまりないという印象だと言えばいいでしょうか。おそらく、仕事が人生の一部となっていて、今は休みだとか仕事だとかいう区別がほとんどないのだと思います。

......もしかすると、本来、働くというのは、そういうことなのかもしれません。
例えば農業を生業としていたならば、9時から5時というような就業規則に決められた時間で仕事をすることは一般的ではないでしょう。自然のリズムに合わせて働くことになるのだと思います。その上、田畑の様子を眺めている時間は休憩時間か仕事時間かなんてわからないように、明確に線引きできないことも多いのではないかと推測します。

そもそも、仕事と仕事以外を明確に区別するなんて難しいことなのではないかと感じるのです。

もちろん、弊社のスタッフに、
「24時間365日働け!」
なんて、口が裂けても言えません(笑)
労働基準監督署に怒られる上、パワハラで訴えられてしまう可能性もありますから。

ただ、業績の良い会社の経営者にその理由を尋ねると、皆、同じことをおっしゃいます。
「だって、すごく働いていますから!」
と、楽しそうなお顔で。

4月。「働く」とは何かを自分自身に問うてみたくなる季節。

とある経営者が
「働く」
とは
「傍楽(はたらく)」
であり、周囲を楽しくすること、周囲を生かすことが、働くことなのだとおっしゃっていたのを思い出します。

「時間に縛られて働くなんてつまらない。好きなように働けばいい。」
冒頭の先輩会計士の言葉を、今はそんなふうに解釈しています。

平林 亮子(ひらばやし りょうこ)プロフィール
過去コラム一覧


公認会計士。中小ベンチャー企業をサポートする公認会計士集団アールパートナーズ代表。

1975年千葉県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科出身。大学3年次在学中に公認会計士試験合格。太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)にて国内企業の監査に多数携わった後2000年に25歳で独立。現在にいたる。

企業やプロジェクトのたち上げから経営全般に至るまで、あらゆる面から経営者をサポートしている。また、女性プロフェッショナルに関するプロジェクト「SophiaNet」プロデューサーを務めるなど、経営サポートに必要な幅広いネットワークを持つ。コンサルティング業務のかたわら、テレビ朝日『モーニングバード!』のレギュラーコメンテーター(2011年)、ラジオNIKKEI『平林亮子と岸田恵美子のちょっぴりおとなのマネー&マネー』のメインパーソナリティー(2013年)を務めるなど、マスコミでも活躍。さらに中央大学商学部客員講師(2010年度)、上場企業等の社内研修講師、中小企業総合展(中小企業基盤整備機構主催)特別講演講師を務めるなど、学校、ビジネススクール、各種セミナーなどで講義、講演も積極的に行っている。

決算書を楽しもう』(ダイヤモンド社)、『お金が貯まる5つの習慣』『相続はおそろしい』(幻冬舎新書)『レシートで人生を変える7つの手順』(幻冬舎)など、著書は40冊を超える。

2013年10月、女性会計士チームCPA745メンバーの共著による消費税の入門書『やさしく解説はじめての消費税』(中央経済社)を発刊。

アールパートナーズ
http://www.r-cpa.co.jp

平林亮子の酸素派人間のススメ!
http://www.hirabayashi-cpa.com

掲載日:2014年4月21日

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »