株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

富士河口湖をめざすタイ人が急増 秋の外客免税品目拡大で地方にも商機が

2013年7月、日本政府が、観光や短期商用目的で日本を訪ねる東南アジアからの外国人客に対して、査証発給要件を緩和した。なかでも査証免除になったタイからが、対前年比74%増と大きな伸びを示している。それも客足だけでない。観光庁の調べによると、タイ人の旅行消費額は2012年117億円だったものが、免除後の2013年(いずれも7-12月期)には265億円に倍加した。その勢いは留まる気配がなく、リピーターも増えたことから地方の観光地にも潤いをもたらし始めている。

タイの人たちにとりわけ人気なのが、ユネスコ世界文化遺産に登録された富士山だ。観たことのない雪の頂き、パワースポットとしても惹かれるらしい。特に山梨県側から望む富士の姿を好み、富士五湖のなかでも、都心から車で約1時間半という地の利の河口湖周辺に宿をとる傾向にある。

富士河口湖駅前観光総合案内所では、タイ人の利用者比率が急増しており、国別では第1位。2014年4月単月で、約5,000人超ものタイ人(富士河口湖町役場調べ)が押し寄せた。タイ人リピーターの個人旅行者が増えているのが背景にあるため、ホームページやパンフレットの、さらなる多言語化を進めているという。

昭和7年創業の河口湖畔に佇む富士レークホテルも、訪日外客利用比率が全体の1割を超え、かつてない賑わいをみせている。2014年3月の外客利用者(インバウンド)のうち、けた外れに多いのがタイで、インバウンド全体の3割を占める。とはいえ、それぞれ国ごとに好みや習慣は異なるため、現場は対応に追われ、経営者は戸惑いを隠せない。

富士レークホテルは全客室の3分の1がユニバーサルデザインに対応しており、人に優しい宿として数々の受賞歴をもつ。高齢化社会が到来したわが国では、バリアフリーを求める層が年々、増えているが、大浴場に慣れない外国人にとっては、このユニバーサル対応の客室備え付けの広めの温泉風呂が喜ばれている。富士レークホテルが、多額の投資をして改装に踏み切ったことが、インバウンドの受け入れでも功を奏し始めている。

スライド開閉式の入り口扉で、室内から段差なくお風呂場へ入ることができる。
窓を開ければ半露天の雰囲気も満喫。


客室内は車椅子で移動が可能な間取り

国民の95%が仏教徒で親日でも知られるタイの人たちが近年、経済力をつけ、憧れの日本をひと目みたいと訪れるさまは、私たちにとって嬉しくもあり誇らしい。アセアン6カ国から日本を訪ねた外客の総数は、2013年に初めて100万人を突破した。ちなみに、彼らが日本滞在中に行ったランキングの第1位は和食を食べることで、2位はショッピングという調査結果がある(観光庁発表)。旅行消費額総計がもっとも高いタイ人が、土産に購入した品別では、菓子類がダントツで人気があることもわかっている。日本製品の品質の高さは、車や家電製品ばかりではない。正直な舌が証明してくれる。

私たちの暮らしはこの春、消費税が8%に増税されたばかりだが、秋以降は、外国人旅行者の消費税免税制度が大幅に緩和・簡素化されることがすでに決まっている。これまで対象商品が家電製品やブランド品の一部に限られていたものを、2014年10月1日以降は、化粧品や医薬品、そして食品といった消耗品もすべて免税対象となる。

これにより地方の地酒や菓子なども免税になることから、地域経済の活性化が期待されている。地方の食にも商機あり。空港免税店や秋葉原の電気街だけでなく、さまざまな場所や場面に大きなビジネスチャンスが潜んでいる。

千葉 千枝子(ちば ちえこ)プロフィール
過去コラム一覧

観光ジャーナリスト 横浜商科大学講師
中央大学経済学部インターンシップ科目国際観光コース客員講師
特定非営利活動法人(NPO)交流・暮らしネット理事長

中央大学卒業後、富士銀行に入行。シティバンクを経て、JTBに入社。96年有限会社千葉千枝子事務所を設立。運輸・観光全般に関する執筆、講演活動を行いラジオ、テレビにも多数出演。神奈川県観光審議会・沖縄県感動体験戦略検討委員会・釜石食ブランド開発検討協議会などの委員。日本観光研究学会、日本観光ホスピタリティ教育学会、日本旅行業女性の会、日本旅行作家協会会員。ファイナンシャルプランナー、総合旅行業務取扱管理者を有する。著書に「JTB 旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

ブログ(毎日更新)「旅のエクセレンス」
公式ホームページ「Long Stay Style」

掲載日:2014年5月19日

 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »