株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インドの需要トップ奪還なるか 政権交代で期待される金輸入の規制緩和

  • PR
  • PR
  • PR
 

有権者だけで約8億人のインド。1カ月余りに渡る総選挙が終わり10年ぶりの政権交代が決まった。インド人民党ナレンドラ・モディ首相の下で経済改革が進むと見られるが、金市場でも期待が高まっている。

5月26日に就任したナレンドラ・モディ新首相に対する期待は高い。西部グジャラート州知事時代に「インド・リスク」と呼ばれる(中央政府と地方政府の規制が混ざり合い)複雑でめんどうな法律と行政手続きを簡素化し、内外の企業を引き付け同州を大きく発展させた実績がある。実際に選挙戦でインド人民党(BJP)の優勢が伝えられた4月中旬には、インドの代表的株価指数のSENSEX指数は過去最高値を突破し、就任当日にも高値を更新した(2万5,000ポイント超)。また年初に発生したアルゼンチンに端を発した新興国危機の際に、1ドル=63ルピーまで売られた通貨ルピーも就任当日には58ルピー台に回復した。

○国際収支の悪化で金輸入の規制強化

実は"インド売り"は昨年の前半に高まりインドルピーは過去最安値の更新を続け2013年8月には1ドル=69ルピーまで売られていた。国際収支の赤字拡大が元凶とみたインドの財務省と中央銀行は貿易赤字を減らす方策を考えた。 

そこで白羽の矢が立ったのが、輸入金額が原油に次いで2番目に多いという特殊な存在の「金(Gold)」だった。金額ベースで年間で日本円にして5兆円台もの金を輸入している(2012年)のがインドとなっている。日本的感覚では信じられないが、普通預金の口座を持っている人は農村部では全体の40%程度で、それより金を持っている人のほうが多いのがインドといえる。貯蓄の手段としては、金というわけだ。生活の中に根を張っているので、身近なところに日本の質屋のような業務を兼ねる金ショップがあり、金を持って行けばお金が借りられるし、余裕ができれば返済し担保の金を取り戻すことができる。金ショップが金融機関の代わりとして機能しているわけだ。

強いのは宗教的背景で、ヒンズー教では光り輝くものは縁起が良く、保有すればますます富栄えるとされる。したがって手に入れた金は、手放したがらないのも特徴といえる。

この金に目を付けた政府は輸入関税を5回にわたり引き上げ2013年8月には10%にした。すでに1カ月前の7月には輸入した金の20%はジュエリーなどに加工した上で輸出にまわすことを次の輸入許可の要件とする規制を掛けていたこともあり、インドの金輸入は激減した経緯がある。この10%課税と20%再輸出規制は今なお続いている政策でもある。

○需要トップの座の陥落と密輸の急増

輸入規制の強化がもたらしたものは、過去20年にわたり続いていた金需要世界一の座の明け渡しだった。初めて1,000トンを超えた中国が2013年に需要でトップに立ちインドは2位に落ちた。さらに密輸(smuggling)の急増だった。先に書いたように一過性の値上がり期待ではない宗教的、文化的背景を持った根強い金需要のあるインドでは、輸入規制の結果起きたのが金不足による国内価格のプレミアムの上昇だった。毎年春と秋の祭礼シーズンには、金需要が高まる季節性があるが、昨年の10月にはロンドンの現物価格に対し1オンス(=31.1035グラム)あたり150ドルを超えるプレミアムがインド国内では付くに至る。このプレミアムの急騰と、その後の密輸の急増は、実は市場でも予見されていた。1991年に金が自由化されるまでインドでは密輸が横行していた経緯がある。

金の需給統計で知られるトムソン・ロイターGFMS社がこの4月に発表したデータによるとインドへの2013年の金の流入は961トンとなっている。実は、正規の輸入は規制強化で2012年の968トンから782トンに大きく減少する一方で、密輸は前年比で75%以上増加し178トンとGFMS社が見積もったことによる。密輸の数字を把握するのは難しく、推計値といっていいだろう。現地でのフィールド調査で導いた数字に経験則を加味して導かれたものでこの場合多少の誤差は覚悟の上となる。

○期待が高まる規制緩和

もっとも、金が日常生活に溶け込んでいるインドでは一昨年来の金の輸入規制は不人気政策でもあり、解除を要求する声が高まっていた。折しもこうした政策もあり、その後のインドの貿易赤字は急速に改善していた。そこにタイミングよく政権交代、しかもモディ新首相はヒンズーの慣習に理解が深いことに加え自由化を促進する人物と目されていることから、20%ルールの撤廃から税率の引き下げにいたる規制緩和の期待が高まっている。市場要因としては、一国で1,000トン程の輸入をする国の規制緩和は、間違いなくプラスの材料と言えよう。ただし密輸に回っていたものが正規ルートに戻るという面があるので、その辺りを割り引く必要があるわけだ。

いずれにしても金市場では、インドの政権交代を歓迎する声が高い。

亀井 幸一郎(かめい こういちろう)プロフィール
過去コラム一覧


生活設計塾クルー取締役

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表取締役
金融・貴金属アナリスト

中央大学法学部卒業。
山一証券に8年間勤務後、日本初のFP会社で投資顧問会社マネー・マネジメント・インスティチュート(MMI)入社。
1992年世界的な金の広報・調査機関ワールド ゴールド カウンシル(WGC/本部ロンドン)入社。
企画調査部長として経済調査、金市場のマーケット分析に従事。1998年独立し分析、評論活動に入る。
2002年マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表取締役。

「史観と俯瞰」をモットーに金融市場から商品市場、国際情勢まで幅広くウォッチしている。
日経CNBCテレビ「デリバティブ・ワールド」、ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」など数々のメディアでの市場分析のほか、住友金属鉱山サイトでは金市場を軸にした金融経済分析と市況解説を、投資情報誌ネット・マネーにて「亀井幸一郎の金市場の風」、日本証券新聞コラムなど定期寄稿中。

ブログ 『亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」』

 
掲載日:2014年6月6日

 
 
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位