株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

センチメント!相場の上昇下降との関係

 

アメリカ大統領選後、マーケットはセンチメント(市場心理)が強まり「トランプ・ラリー」という過熱状態で連日ドルの上昇が続いています。しかし、上昇はいつか必ず収束していくものです。センチメントによる特有のマーケットの上下の動きの特徴と、その事例についてみていきましょう。

 

センチメントは市場を動かす一要因

マーケットは、主に経済指標などの実態のある要因(ファンダメンタルズ)によって動きますが、投資家の心理(センチメント)もマーケットの動きに大きな影響を与えます。この20年を見ても、1997~1998 年の「信用不安」で下降、1999~2000 年の「IT バブル」で上昇、 2008年の「リーマンショック」で下降などといった動きを示しています。

最近の事例では、イギリスの国民投票で離脱派が勝利した「Brexit」、また先日のトランプ次期大統領誕生より始まったドル高株高の動き「トランプ・ラリー」でしょう。センチメントが良好の場合には株高、悪化の場合は株安へとマーケットが動きます。市場のセンチメント状況はVIX指数からも推し量ることが可能です。

センチメントによってマーケットが大きく上昇あるいは下降する時、その動きにファンダメンタルズ要素を伴わない場合には、比較的時間がかからず収束するのが特徴で、元のマーケットに戻るのも早いです。しかし、値動きの要因としてファンダメンタルズが絡む場合には、それが解消されない限り、マーケットの状況は元へ戻らないという特徴が見られます。

 

センチメントが相場を押し上げた「トランプ・ラリー」

トランプアメリカ次期大統領の誕生は、まさにそのセンチメントが市場にあらわになる形となりました。

当初こそトランプ氏の当選は予想外でした。そのため、さまざまなリスクが懸念され市場のセンチメントは弱気方向となり、一時的にマーケットは急落しました。しかし、その直後、勝利演説等を通じて世論がトランプ氏への期待を持ち始めた頃から、一気にセンチメントは強気へと変化していきます。これがドル高株高のいわゆる「トランプ・ラリー」の始まりです。「トランプ・ラリー」はアメリカのみならず、日本にも円安株高をもたらしました。

急激な上昇が続いたことから、「トランプ・ラリー」は過熱気味とも言われています。しかし、原油価格が回復していること、FMOCで利上げの発表が行われたことという実態も伴ってきたことから、このまま継続するようにも感じられます。現時点ではセンチメントに変化はみられませんが、年末相場や年明けのトランプ氏の記者会見により変化する可能性は指摘されています。

 

センチメントが相場を押し下げた「Brexit」

アメリカ大統領選同様、センチメントによってマーケットが大きく動いたものに、イギリスの「Brexit」があります。イギリスでは、EU離脱を問う国民投票において、離脱派勝利という予想外の結果を受け、マーケットは急落しましたが、これはセンチメントの悪化が要因です。

当時、Brexitショックといわれるほど世界同時に急激なマーケット下落が起こりましたが、下落の原因は、EU離脱派が勝利した、という事実のみでしたので、ファンダメンタルズの悪化は伴っていません。そのため、急落はしたものの、比較的時間がかからず収束していき、マーケットは回復しました。

この下落は、国民投票前は残留派が優勢とされていたのに対し、離脱派勝利が世界的に予想外な結果となったために、投資家のセンチメントが悪化したことが原因です。しかし、下落の要因が明らかであったためにこのような早期の収束という動きになったと考えられています。

センチメントが相場を動かす場合の典型的なパターンと言えます。

 

投資家のセンチメントは市場を大きく動かします。ファンダメンタルズも注視すべきですが、常に投資家が弱気であるか、強気であるかについても目を向けておくことが必要です。センチメントにより市場が動いた場合、その大きさは予想を超えることも少なくありません。

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »