株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ETFがわかれば世界がわかる 著名人にインタビュー一覧 - 東証ETF

  • PR
  • PR
  • PR
 
 

東証ETF・ETN活用プロジェクト [ ETFがわかれば世界がわかる 著名人にインタビュー ]


【第46回】証券アナリスト松下律氏に聞く「新年度相場の行方は?」 (13/05/09)

アベノミクスによる今後の株価上昇には期待できるのか。新年度入り後の株価の行方について、証券アナリストの松下律氏に伺いました。

【第45回】エコノミスト 武者陵司氏に聞く「これからの米国経済の行方」 (13/04/19)

米国経済が本格的な回復局面に入ってきましたこの米国景気の回復は短期間で終わるのか、それとも長期間続く景気回復局面の端緒なのか。武者リサーチ代表の武者陵司氏に、話を伺いました。

【第44回】ラジオNIKKEI記者和島英樹氏に聞く「2013年の国内株式市場」 (13/01/29)

昨年12月に行われた衆院選挙は、自民党の圧勝となりました。そして安倍政権が発足。マーケットでは、デフレ脱却と景気浮揚に対する期待もあり、株価は連日の上昇。果たして、2013年の株式市場はどうなるでしょうか。

【第43回】フィスコ 小瀬正毅に聞く「これからの為替見通し」 (12/12/26)

安倍自民党総裁によるマイナス金利発言、恒常化する日本の貿易赤字など、円売りの材料が徐々に表面化してきたからです。果たして、この円安トレンドは本物なのか。

【第42回】マネックス証券チーフ・ストラテジスト 広木隆氏に聞く「日本株に投資する意味とは?」 (12/11/14)

これまで日本企業のお家芸と言われた家電製品では韓国企業の後塵を拝し、自動車もドイツなど諸外国企業に押され気味。そのような日本企業に投資する意味は、果たしてあるのでしょうか。

【第41回】エコノミスト豊島逸夫氏に聞く「投資家の意識変化と金投資への関心の高まり」 (12/10/25)

金に対する関心が、非常に高まっています。どうして今、金なのか。元スイス銀行チューリッヒとニューヨークで外国為替貴金属トレーダーで、現在、豊島逸夫事務所の代表を務める豊島逸夫さんに話を伺いました。

【第40回】エコノミスト西岡純子氏に聞く「意外としっかりしている日本経済の現状」 (12/09/14)

2012年度は震災特需の影響がプラスに作用すると言われましたが、果たして現状はどうなのでしょうか。RBS証券リサーチ・ジャパン・チーフエコノミストの西岡純子氏に、これからの日本経済の見通しを伺いました。

【第39回】FP神戸孝氏に聞く「運用に回せるお金を分けて考えよう」 (12/08/07)

今持っているお金のなかで、どこまでを投資に回せば良いのか。恐らく、多くの方が、ここで誤解をし、あるいは悩んでいると思います。投資をするうえでの注意点、ポートフォリオの考え方、ETFの活用方法などについて伺いました。

【第38回】エコノミスト伊藤さゆり氏に聞く「ギリシャ問題が尾を引き、マーケットの不安定が続く」 (12/07/19)

春先には一段落したかに見えた欧州債務問題ですが、6月17日に行われたギリシャの再選挙の結果次第ではユーロ離脱につながるとの見方から、マーケットに激震が走りました。問題はギリシャに止まらず、スペインにも波及、さらにイタリアへの懸念も・・・

【第37回】FP目黒政明氏に聞く「ETFとインデックスファンドの合わせ技で運用する」 (12/07/10)

一般に、ETFをはじめとする価格変動商品で運用する場合、さまざまな資産クラスに分散する資産クラス別分散投資が有効と言われます。ただ、本当の意味で分散投資を考えた場合、それだけではやや物足りません。

【第36回】FP浅井秀一氏に聞く「時間分散を重視しよう」 (12/06/18)

一般に、ETFをはじめとする価格変動商品で運用する場合、さまざまな資産クラスに分散する資産クラス別分散投資が有効と言われます。ただ、本当の意味で分散投資を考えた場合、それだけではやや物足りません。

【第35回】大和総研経済調査部シニアエコノミスト 山崎加津子氏に聞く「欧州危機は去ったのか」 (12/05/08)

昨年末にかけて、世界的な金融危機を引き起こすと懸念された欧州債務問題も、ようやく山場を超えた感が出てきました。その後の欧州経済はどうなっているのか、債務問題が再び浮上する恐れはないのか。大和総研の山崎加津子氏に伺いました。

【第34回】エコノミスト中島厚志氏に聞く「日本はギリシャ化するか」 (12/04/16)

二次支援が決まり、多少落ち着きを取り戻してきた感のある欧州経済。一時は1ユーロ=97円台まで進んだユーロ安にも歯止めがかかり、110円前後を回復してきています。果たして欧州危機は山場を乗り越えたのでしょうか。

【第33回】東京財団上席研究員 原田泰氏に聞く 「日本の財政問題とマーケットへの影響」 (12/03/29)

ユーロ債務問題は、ギリシャへの二次支援が決まったことによって、ほぼ一段落。しかし海外のファンド勢は、次の目標として、日本売りを仕掛け始めているという話も浮上してきています・・・

【第32回】経済評論家 楽天証券経済研究所客員研究員 山崎元氏に聞く「インデックス運用の魅力と活用法」 (12/03/21)

通貨選択型やテーマ型、リスク限定型など、投資信託には一見、非常に分かりにくい仕組みのものがあります。ところが売れ筋を見ると、なぜか複雑な仕組みを持ったものほど・・・

【第31回】エイチスクエア代表佐藤隆司氏に聞く「コモディティ市場の今後」 (12/02/06)

2011年のコモディティ市場は、前半と後半とで、相場が大きく異なる展開になりました。具体的には前半高、後半安の展開だったわけですが、このように流れが大きく変わった背景・・・

【第30回】三菱総研シニアエコノミスト 武田洋子氏に聞く 「2012年の世界経済はどうなる?」 (12/01/31)

2011年の世界経済は、ユーロ債務危機によるマーケットの混乱、新興国経済を苦しめたインフレ、一向に改善しない米国の雇用問題、震災で大ダメージを受けた日本経済など、ネガティブな材料が噴出しました。

【第29回】JPモルガン・チェース銀行 佐々木融氏に聞く「どうして弱い日本の円がどんどん強くなるのか」 (12/01/10)

リーマンショック直前の為替レートは、対米ドルで1ドル=110円前後。その後、リーマンショックによる世界的な金融危機、ユーロ圏債務危機による世界的な景気減速、そして東北大震災による日本経済の減速・・・

【第28回】株式評論家植木靖男氏に聞く 「2012年の日本株は底打ちから上昇へ」 (12/01/04)

年初、1万500円台まで上昇した2011年の日経平均株価は、ユーロ危機などを受け、11月末にかけては8,000円割れ目前まで下落しました。今後、ユーロ問題の一層の深刻化、世界的な景気後退懸念などを受け・・・

【第27回】第一生命経済研究所主任エコノミスト西濱徹氏に聞く 「新興国経済の発展可能性」 (11/12/12)

中国やインドをけん引役として、世界経済の成長をリードしてきた新興国。しかし、最近は過剰流動性によるインフレ懸念と、金融引締めなどによって、その成長スピードがスローダウンしてきました。果たして、新興国経済が目下、抱えている問題点には・・・

【第26回】投資信託事情編集長島田知保氏に聞く「ETFの上手な活用法」 (11/12/02)

東証上場から10年を迎えたETF。今では大証、名証にも上場され、その本数は全部で120本(2011年11月7日現在)になりました。その種類も国内の株価指数だけでなく、海外の株価指数、あるいはコモディティ価格など幅広く、ETFだけで・・・

【第25回】スガシタ・パートナーズ代表 菅下清廣氏が語る 「世界と日本が直面しているリスクを考えよう」 (11/10/13)

欧州金融危機は拡大の兆しが濃厚になり、ギリシャだけでなく、イタリア、スペインへもソブリンリスク問題が波及してきています。今、世界経済を取り巻くリスクには何があるのか。そのなかで、個人はどのような対処をしていけば良いのか話を伺いました。

【第24回】エコノミスト吉崎達彦氏が語る 「これからの米国経済と大統領選挙の行方」 (11/09/08)

混迷続く米国経済。米国国債の格下げ、連日の株価急落、そしてドル安。今回は、大統領選挙オタクとして知られている、双日総合研究所吉崎氏に、米国経済の問題点、見通し、そして大統領選挙の行方などについて話を伺いました。

【第23回】アナリスト 馬渕治好氏が語る「今のマーケットを襲っている混乱は逆バブルの典型例」 (11/08/26)

連日のように国内外の株価が急落、円高が急伸。金利は急低下。この混乱に引きずられる形で、主要国の景気は再び後退局面へと入っていくのでしょうか。グローバルなマーケットの動向について、オフィス セントポーリア代表で、アナリストの馬渕氏に伺いました

【第22回】シニアFXマーケットアナリスト尾河眞樹氏に聞く「個人人気の高い主要通貨の行方」 (11/07/19)

各国のさまざまな経済問題が浮上するなか、相変わらず円相場は対米ドルで高値が続いています。今回はシティバンクのシニアFXマーケットアナリストの尾河眞樹さんに、個人の注目度が高い通貨の行方について、話を伺いました。

【第21回】シニアエコノミスト伊藤さゆり氏が語る「揺れるユーロ」 (11/07/06)

一時は収まったかに見えたギリシャの債務問題が再び浮上。他のユーロ加盟国のなかにも、ソブリンリスク問題が。域内におけるこの手の問題を抱えるなかで、果たしてユーロという単一通貨は、今後も維持していくことができるのか。

【第20回】経済ジャーナリスト・東洋英和女学院大学教授・中岡望氏が語る「米国経済の現状と出口戦略の行方」 (11/06/07)

2008年のリーマンショック後、米国では景気回復の足取りを確たるものにするため、2度にわたって量的金融緩和を実施。しかし、経済の見通し、量的金融緩和政策の出口戦略、財政赤字と問題は山積。経済ジャーナリストの中岡望氏が語る、今後の米国経済の注目ポイント。

【第19回】フィデリティ退職・投資教育研究所所長野尻哲史氏が語る「退職金の運用先は?」 (11/05/30)

人は、定年退職金をどう運用している?あるいは定年退職に向けて、どういう運用方法を考えれば良い?すでにリタイアした人、これから定年を迎える人にも、関心の高いテーマ「退職金の運用」についてフィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さんに、話を伺いました。

【第18回】田代尚機氏が語る「中国経済の未来」 (11/04/18)

相変わらず高い経済成長率を維持している中国経済。ただ、一方では貧富の格差が広がり、インフレリスクも浮上しています。今回はTSチャイナ・リサーチ代表取締役の田代尚機氏に、中国経済の問題点と、今後の展望についてお話を伺いました。

【第17回】マーケットエコノミスト上野泰也氏が語る「日本の財政問題とマーケットへの影響」 (11/04/14)

3月11日に起きた東日本大地震。地震と津波が襲った地域の人々の生活に大きなダメージを及ぼし、それとともにマーケットにも激震が走りました。新年度入りしたマーケットの行方はどうなるのか。みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也さんにお話を伺いました。

【第16回】エコノミスト加藤出氏が語る「世界的インフレ懸念の浮上と低金利が続く日本経済の現状」 (11/04/06)

間もなく新年度入り。欧州のソブリンリスク問題、中近東の政情不安など、さまざまなニュースが浮上するなか、世界の金融市場は何を注目点とし、どういう動きをするのか。今回は東短リサーチのチーフエコノミスト、加藤出さんにご登場いただきました。

【第15回】証券アナリスト大槻奈那氏に聞く「ソブリンリスクは去ったのか?」 (11/03/31)

ギリシャショックを機に、EU加盟国にじわじわ広がってきたソブリンリスク問題。今回はUBS証券のシニアアナリスト、大槻奈那さんに、ソブリンリスクの影響について話を伺いました。

【第14回】ファイナンシャル・ジャーナリスト竹川美奈子氏が語る「ETFという投資商品の魅力」 (11/02/08)

投資信託でありながら、株式と同じように売買できるETF。ローコストで売買でき、商品性がシンプルなど、個人投資家にとってさまざまなメリットがあります。今回はファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんに、ETFを用いた資産運用術について話を伺いました。

【第13回】不動産アナリスト石澤卓志氏が語る「REIT市場の今後の動向」 (11/01/12)

徐々に回復しつつある不動産投資信託のマーケット。REIT市場は本格的に底を付けたのか。今後の動向について、みずほ証券チーフ不動産アナリストの石澤卓志氏に伺いました。

【第12回】エコノミスト五十嵐敬喜が語る「米国経済、世界経済の行方」 (10/12/24)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部長の五十嵐敬喜氏に、米国経済の今後、そして世界経済に及ぼす影響などについて、話を伺いました。

【第11回】岡本和久氏に聞く「『和風』資産運用の極意」 (10/12/15)

どうすれば苦手意識から解放されるのか、心理的な負担にならず、生活の道具として資産運用を使いこなすにはどうすれば良いのか。I―Oウェルス・アドバイザーズ代表の岡本和久さんに話を伺いました。

【第10回】カン・チュンド氏に聞く「資産運用に最も適した投資信託はなに?」 (10/11/25)

今回はインデックスファンドの啓蒙活動をされ、実際に資産運用のアドバイスにも携わっている、晋陽FPオフィスの代表で、ファイナンシャルプランナーのカン・チュンドさんに、お話を伺いました。

【第9回】山崎養世氏が語る「先進国経済の没落と新興国経済の未来」 (10/11/18)

なかなか回復軌道に乗らない先進国経済。リーマンショックの傷跡は深く、景気対策と称して国債を増発したツケが回り、ソブリンリスクが高まっています。対して・・・

【第8回】エコノミスト 熊野英生氏が語る「日本経済、国内株価の行方」 (10/10/29)

円高、株安などマーケットが荒れるなか、国内景気の先行きについても、厳しい見通しが増えてきました。米国経済の影響を強く受ける日本経済の先行きはどうなるのか。株価はどう動くのか。

【第7回】ファイナンシャルプランナー藤川太氏が語る「資産運用相談の傾向と資産形成のポイント」 (10/09/21)

個人はどういう資産運用を考えているのか、それは正しいことなのかどうなのか、個人の資産形成に必要なことは何なのかということを、ファイナンシャルプランナーの藤川太さんに伺いました。

【第6回】マネックス・ユニバーシティ代表 内藤忍氏が語る 「長期&分散投資で誰でも手軽に投資の魅力を実感しよう」 (10/09/15)

余裕を持って資産運用するにはどうすれば良いのか、資産運用のポイントを伺いました。

【第5回】エコノミスト武者陵司氏が語る「米国経済は立ち直り、先進国経済は回復へと向かう」 (10/09/01)

米国や欧州、日本といった先進国経済に未来はあるのか。 ETFを活用した先進国グローバルマーケットへの投資を考えるにあたって武者リサーチ代表で、エコノミストの武者陵司さんに先進国経済の見通しについて話を伺いました。

【第4回】中国エコノミスト柯隆氏が語る「これからの中国経済 投資する際の注意点」 (10/08/17)

中国の4~6月期のGDP成長率は、物価変動の影響を除いた実質ベースで、前年同期比10.3%と、2ケタ成長を維持、世界経済の牽引役として注目が集まる。富士通総合研究所の主席研究員、柯隆氏に、中国経済の今後と、投資する際の注意点などについて話を伺いました。

【第3回】エコノミスト浜矩子が語る「経済は上質なミステリーを読み解くようなもの」 (10/07/27)

ETFは、国内外の株価インデックスや商品価格に連動する投資商品。極めてシンプルな商品性を有しており、その値動きは投資対象国などの経済情勢を素直に反映して動きます。つまり、ETFに投資するためには、世界経済の流れを読み解くセンスが要求されるのです。

【第2回】金融・貴金属アナリスト亀井幸一郎が語る「南アフリカの現場で見た金とコモディティ市場の未来」 (10/06/24)

上昇傾向が続く金価格。新興国の経済発展にともなって、食糧や資源・エネルギーに対する需要が、今まで以上に高まると考えられています。金融・貴金属アナリストの亀井幸一郎さんに、今後の金価格、コモディティマーケットの行方について、話を伺いました。

【第1回】国際ジャーナリスト蟹瀬誠一氏が語る「広く世界を見れば国際分散投資が魅力的になる」 (10/06/09)

外資系企業、そしてフリーという立場で働いてきた蟹瀬さんにとって、資産運用は経済的な自立を確保するうえで必要不可欠なものだったようです。そんな蟹瀬さんに、資産運用との付き合い方をうかがいました。


 
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位