株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「選ばない投資」をしよう!

  • PR
  • PR
  • PR
 
 

【著名人インタビュー】

「選ばない投資」をしよう!

投資にはさまざまな「選ぶ」がつきものです。銘柄を選ぶ、売買タイミングを選ぶ、あるいはポートフォリオに組み入れる資産クラスを選ぶ・・・・・・。でも、この「選ぶ」が、投資へのハードルを高くしているのも事実。何を判断基準にして選べば良いのか分からないという方も、特に投資の初心者の中には多いと思います。でも、バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役の加藤隆氏は、「投資は選んではいけない」と言います。選ばずに、どう、何に投資をすれば良いのか。話を伺いました。
バンガード・インベストメンツ・ジャパン 代表取締役
加藤 隆氏
投資をする時、資産クラスやタイミングを選ぶのが面倒という方は多いと思います。
加藤氏
私たちがお勧めしている投資の仕方は、「長期」、「分散」、「低コスト」です。しかし、世のなかで一般的に投資と言われているものは、「短期」、「集中」、「高コスト」なものが大半です。
ここにはちょっとした誤解があるのです。それは、一所懸命に考えて、考えて、考え抜けば、必ず良い投資対象を選べると思っていることです。だから、投資対象や売買タイミングを自分で判断しようとします。
でも、今まで多くの研究者が「投資対象やタイミングを選ぶことによって投資成果が上がるのかどうか」ということを調べてきたのですが、出てきた回答は概ね「選んでも投資成果は上がらない」でした。多くの努力を払って選んだとしても、それが常に正解ではないというのが真実なのです。
安値を買って高値を売るのは難しい、ということでしょうか。
加藤氏
第一に、タイミングの問題ですね。株式投資の世界でも、短期で売り買いを繰り返す投資家がいますよね。彼らはまさにタイミングを狙って売買しているわけですが、常に買い場、売り場を正確に当てることはできません。
当たる、外れるの確率で言えば五分五分ですが、人間は感情の生き物ですから、上がってくると買いたくなり、下がってくると売りたくなります。その結果、高値で買うことになったり、安値で売ることになったりします。結果、判断が後手後手に回ります。つまり、安値で買って高値で売るというのは、まさに「言うは易し」であり、大概、この手のタイミングを狙った取引というのは、負ける確率が高くなります。
そう考えると、最初からタイミングをいっさい狙わず、とにかく保有し続ける方が合理的ということになります。これが、長期投資をお勧めする根拠です。
投資対象の選択肢が多くなってきました。投資対象をしっかり選べば、運用パフォーマンスも上がると思うのですが、それも選ばない方が良いということでしょうか。
加藤氏
「選ばない方が良い」というよりも、誰も「選べない」のだと考えてください。これは個別銘柄にしても、市場にしても、あるいは資産クラスにしても同じです。いずれも、これから値上がりするものを、値上がりする前に選ぶのは、非常に難しいことです。
そもそも市場では、専門知識に長けた優れた人たちが、誰よりも、少しでも高いリターンを上げようとして日々、厳しい競争を繰り広げています。競争に勝ち抜くため、彼らは極めて鮮度の高い情報を日々集め、高度な投資判断を下しています。銘柄や市場、あるいは資産クラスを選び、より高いリターンを上げるためには、彼らと対峙し、出し抜けるだけのスキルが必要になります。それだけのスキルが自分自身に備わっていると、自信を持って言える人は、果たしているでしょうか。
もちろん、なかにはいらっしゃると思います。でも、それはごく少数です。したがって大多数の個人投資家は、このような投資対象は選ばない方が合理的ということになります。
投資対象を選ばないというのは、とにかくすべてのものに投資した方が良いということですね。
加藤氏
その通りです。投資対象を選んだ結果、他人よりも良いリターンが実現できるかも知れませんが、反面、悪いリターンになる恐れもあります。つまり、この世の中には非常に多様な投資対象が存在していますが、それらの中には大きく値上がりするものもあれば、あまり動かないもの、あるいは大きく値下がりするものがあります。そして、今、大きく上昇したものが、次も大きく上昇するという保証は、どこにもありません。実にランダムなのです。
だからこそ、すべてのものに投資することが大事です。究極の分散投資というのは、日本国内外の株式や債券などあらゆる資産クラスを対象にして、各資産クラスの個別銘柄にも細かく分散して投資することです。
たとえば日本株。個別銘柄を選ぶのは大変ですが、それならば東証株価指数(TOPIX)に採用されている全銘柄に投資すれば、少なくとも長期的には日本経済全体の成果の平均的な水準が得られるはずです。
では、日本株だけで良いのかというと、決してそうではありません。過去20年間の国別の株価を見ると、日本株は低迷続きでしたが、世界中の株価の平均は大きく上昇してきました。また、2~3年前まではわが世の春を謳歌していた中国の株式市場は、ここに来て大きく失速しています。
このように、株価の動きだけを見ても、国によってまちまちですから、いっそのことすべてに投資した方が良いのです。この20年、世界中の株式市場に分散投資していれば、少なくとも日本株だけに投資していたのに比べれば、より高いリターンが実現できたはずです。
こうして、世界中の株式市場に分散投資すると共に、世界中の債券市場にも分散投資すれば、さらにリスクを軽減できます。基本的に、株価が下がった時には債券価格が上がり、債券価格が下がった時は株価が上がるというように、株価と債券価格は逆の値動きをする傾向がありますから、株式と債券に運用資産を分散させることによって、投資のリスクを軽減できるのです。
選ぶ自信があるならば、これから値上がりする確率の高いものに集中投資をすれば良いのですが、それは非常に難しい。だからこそ分散投資が重要なのです。
分散投資する場合、やはり投資信託を利用した方が良いということですか。
加藤氏
確かに分散投資は重要なのですが、個人が国内外のあらゆる株式、債券に直接、分散投資するのは、まず不可能です。海外の株式市場や債券市場に注文を出す方法が、非常に限られていますし、そもそもそれだけの資産に分散投資するとなったら、10億円単位の運用資金が必要になります。取引にかかるコストもバカになりません。
ただ、それを代替してくれるものはあります。投資信託がそれです。投資信託の中には、世界の主要な株式市場、債券市場に分散投資できるファンドがあります。この手のファンドを買えば、個人でも少額資金で、世界中の株式市場、債券市場に小さなコストで分散投資できます。
投資信託について言えば、アクティブ運用とインデックス運用のどちらが有利かという議論が常にあるのですが、どちらを選べば良いのでしょうか。
加藤氏
アクティブ運用の場合、市場の平均リターンに対してプラスアルファの超過リターンを目標にして運用されます。ただ、超過リターンを実現させるためには、銘柄や資産クラスなどを選ぶ必要があります。それによって、超過リターンを実現できることもありますが、逆に市場平均のリターンに負けてしまうケースもあります。
ここで投資家が留意しておくべきことは、超過リターンが実現できるファンドを正しく選べるのかどうかということですが、正直、それは非常に難しいことです。
例えば、アクティブ運用のグローバル株式ファンドを対象にして、2013年3月末までの過去10年間の運用成績が、同期間のインデックス運用に比べて高いか低いかを比べたモーニングスターの調査があります。それによると、インデックスであるMSCIオールカントリーインデックスを上回る運用成績を収めたアクティブファンドが、1,529本中354本しかなかったのです。逆に、インデックスに負けたファンドは1,175本もありました。全体の77%が負けたことになります。
良いアクティブ型で運用するためは、残り23%に属する、市場平均に勝てるファンドを事前に選び出さなければなりません。出来ると思いますか。でも、インデックス運用なら、市場平均に対して勝ちも負けもない、平均的なリターンが得られます。これは、長期的な資産形成を行ううえで、とても優れた特性だと思います。
そして、長期運用するうえで重要なもうひとつのポイントとして、コストが挙げられますが、全体的に見て、アクティブ運用型のコストは、インデックス運用型に比べて割高です。運用管理費用など、信託財産から一定率で徴収され続けるコストは、長期運用を行う際、リターンにマイナスの影響を及ぼしますから、出来るだけローコストのファンドを選ぶに越したことはありません。この点でも、インデックス運用はアクティブ運用に対して有利と考えられます。
たとえば同じベンチマークに連動させることを目標にしたインデックスファンドなら、どれを選んでも良いということですか。
加藤氏
たとえばTOPIXに連動するインデックスファンドが複数あったとして、そのクオリティがどれも同じかというと、実はそうではないケースがあります。インデックスファンドのクオリティというのは、ファンドの運用成績を、ベンチマークに対してどれだけ忠実に連動させられるかということで決まるわけですが、コストや運用資産の差によって、リターンに差が生じてきます。だから、インデックスファンドで運用する際には、インデックスファンド同士でも比較をし、コストが安く、かつ運用資産の規模が大きなものを選ぶのが良いでしょう。
よく「経済が成熟期にある国では、勝ち組企業と負け組企業が出てくるので、銘柄選別ができるアクティブ運用の方が有利」と言われます。今の先進国経済は成熟期に入っているので、その意味ではアクティブ運用の方が有利になりませんか。
加藤氏
確かにそのような意見を聞くことがあります。逆に、新興国のほうがアクティブ運用が勝ちやすいと言う人もいますよ。
 でも、よく考えてみてください。インデックス運用はいつも平均の結果を出すのですよ。アクティブファンドが勝つとしたら、その分誰が負けるのですか。ほかのアクティブファンドでしょう。インデックスファンドはいつでもどこでも平均なんですから。
また、勝ち組企業と負け組企業が明らかに分かれるとしたら、勝ち組企業の株式には買いが集中しますから、株価は既に高いかオーバーシュートしているでしょう。割高水準で買った株式は、その後株価の水準訂正があるでしょうから、むしろ損をするリスクが高まります。つまり勝ち組企業の株式に投資できたとしても、ファンドのリターンにとって良い結果につながるとは限らないのです。
選別投資をするために、良いものを探すことに時間を費やすのは、合理的に考えれば無駄なことです。それよりも、すべての資産クラスに分散投資するインデックス運用のファンドを買い、長期保有する。そして、選別にかけなくて済んだ時間を、自分の趣味、スキルの向上などに充てた方が、はるかに豊かな人生を送れるのではないでしょうか。
掲載日:2013年月10月23日

加藤 隆(かとう たかし)氏プロフィール

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社 代表取締役
1984年以来、より資産運用業界でファンドマネージャー、コンサルタント、営業担 当役員、日本支社代表業に従事。その間、BOT・トゥーシュ・レムナント(ロンド ン)でユーロボンドのポートフォリオマネージャー、インターセック・リサーチ日本駐在代表、シュローダー・ジャパン営業担当役員、ABNアムロ・アセット・マネージメント・ジャパン代表を歴任。2003年から2年余り金融業界を離れ、古民家再生、田舎暮らし、自然農業などの普及に専念。2005年4月より現職。
現在の目標は、投資家本位の投信事業の発展と、自然循環型生活スタイルの普及に貢献すること。週末には、千葉県鴨川市で築150年余りの里山古民家を修復中。



 
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »