株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

高齢者施設の選び方一覧 - 退職・年金ナビ

  • PR
  • PR
  • PR
 
 

退職・年金ナビ [ 高齢者施設の選び方 ]

【第7回】高齢期の住まいに関する資金プラン - 退職・年金ナビ (13/02/06)
"資金不足"は、絶対に避けなければいけない これまでに、さまざまな形態の住まいをハード面、ソフト面から見てきました。最終回では資金プランを考慮し、より現実的な住まい選びのポイントをお伝えしていきます。
【第6回】入ってから後悔しない有料老人ホームの選び方 - 退職・年金ナビ (13/01/23)
「有料老人ホーム」ってどんな施設? 有料老人ホームは大きく分けると「健康型」「住宅型」「介護付」に分類されます。
【第5回】住み替えるならサービス付高齢者向け住宅・シニア向け分譲マンション - 退職・年金ナビ (13/01/09)
今の家から住み替える郊外に住んでいる高齢者の中には、街中の便利な所に住み替えたいと考えている方が結構多いと思います。また、便利な賃貸マンションに住んではいるが、高齢になって住みにくくなったと感じ始めている方もいるでしょう。その時にまだ健康である場合、考えられる選択肢としては、サービス付高齢者向け住宅、シニア向け分譲マンションの2施設です。
【第4回】認知症ケアの切り札 「グループホーム」 - 退職・年金ナビ (12/12/26)
「共同生活」を行えることが入居の前提高齢者の10人に1人は認知症であるというこれからの社会、もし身内が認知症になってしまったら、ということを考えたことはありますか?在宅介護を行う場合、たとえ身体的には問題がなくても、徘徊や危険防止のための見守りが常に必要となり、家族の負担は大きくなります。また、認知症にどう対応していいのかわからず、ストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。あってはならない虐待のリスクも発生します。困った末、いざ施設に入ろうとしても、認知症の方を受け入れてくれないところもあります。そのような場合の有効な選択肢の一つがグループホーム(認知症対応型共同生活介護)です。
【第3回】意外と使い勝手のよい老人保健施設 - 退職・年金ナビ (12/11/22)
3カ月で自宅への復帰を目指す老人保健施設は、リハビリなどが必要な高齢者が3カ月~6カ月程度入所し在宅介護に向けて療養する施設です。入所期間は3カ月を基本として、3カ月ごとに「その人が家に戻れるかどうか」の判定が行われます。一般によく利用されるのは、病院の退院後一時的に施設に入りリハビリを受けて自宅に戻るという方法です。
【第2回】要介護者のよりどころ ― 特別養護老人ホーム (12/11/08)
要介護者向け施設で最も多いのが特別養護老人ホーム。介護施設の中では費用負担が軽い入所希望者が多いが、すぐには入れないのが実情も。
【第1回】高齢期の住み替え先にはどんなものがある? (12/10/25)
世界でも有数の長寿国である日本は、核家族化が進んでいる国でもあります。これから一人暮らしの高齢者はますます増えることが予想されますが、長生きすればするほど、一人暮らしは・・・


 
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位