株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

福永博之のCFD実践講座一覧 - FX・CFD

 

FX・CFD

【第12回】資金管理とメンタルコントロール (12/11/09)
この連載も最後を迎えました。締め括りとして、本当は投資をするうえで重要なことなのだけれども地味なので忘れてしまいがちな話を取り上げたいと思います。それは、資金管理とメンタルコントロールの大切さです。
【第11回】長期投資で注意すべき点 (12/11/02)
長期投資を行う場合には、やはりファンダメンタルズの動きをしっかりウォッチすることが大切です。つまり、ファンダメンタルズの状況変化を読み込む目を持つ必要があります。
【第10回】損切りの極意 (12/09/28)
特にレバレッジを効かせたポジションを持っている人にとって、損切りはとても大切です。それも、強制ロスカットに引っ掛かる前に、自分できちっと損切りのラインを決め、実行することが大切です。
【第9回】利食いの仕方 (12/09/21)
利食いはしっかりすること。持っているポジションにどれだけ利益が生じていたとしても、きちっと利益を確定させていなければ、絵に描いた餅になってしまいます。
【第8回】ナンピンは有効か (12/09/14)
相場が自分のポジションにとってアゲインストになった時、買いから入った人ならナンピン買いで平均コストを下げ、売りから入ったならナンピン売りで平均コストを上げて、少しでも早くこの苦しい状況から抜け出したい・・・
【第7回】利乗せの仕方 (12/09/07)
利乗せというのは、たとえば買いから入って上昇トレンドに乗った時、さらに買い増すことによって、より大きな利益が得られるようなポジションを取っていくことです。
【第6回】売りか買いか (12/08/10)
どうしても金利のコスト負担が重くなるというのであれば、買いから入らない方が賢明です。
【第5回】エントリータイミングの図り方 (12/08/03)
これも、長期投資か短期売買かによって、エントリータイミングの取り方が変わってきます。
【第4回】ファンダメンタルズとテクニカル、どちらを重視すればよい? (12/07/27)
基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視。短期売買はタイミングを図る必要がありますから、テクニカルを用いて相場のノイズを見極めることになりますが・・・
【第3回】長期投資か短期売買か (12/07/20)
CFDによるトレードは、二者択一の問題ではありません。その時の投資環境や売買の方法によって、長期投資が望ましいこともあれば、短期売買の方がリターンを上げやすいこともあります。
【第2回】銘柄の選び方 (12/07/13)
株365の場合、株価指数に対して連動するタイプなので、その株価指数が示している国の経済力がどうなるのか、ということにまず着目した方が良いでしょう。
【第1回】CFDと他の資産をどう組み合わせればいいの? (12/07/06)
株365をはじめとする株価指数証拠金取引(CFD)のメリットは、少額の証拠金を預託して取引に参加できることに加え、売りからも取引できることにあります。
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »