株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【第1回】ベトナム急成長のカギ メコンエリアとベトナム人気質 中国・アジア新興国特集

  • PR
  • PR
  • PR
 
 

中国・アジア新興国特集 [ ベトナムの素顔 成長力を読み解く  ]

【第1回】

ベトナム急成長のカギ メコンエリアとベトナム人気質

1986 年ドイモイ政策を契機に、一気に改革開放路線に移行したベトナム。その急成長を読み解くシリーズ第1弾は、ベトナム投資に明るいインドシナ協会の理事兼事務局長・熊澤慎治さんに、知られざるベトナムの素顔と急成長の理由、そして親和性が高いといわれるベトナムの人たちとのつきあい方をうかがった。(取材協力:日本インドシナ協会)


アジア物流の新潮流・メコンエリアとベトナム新幹線


南部経済回廊の玄関口カイメップ・チーバイ港

「希望と発展の地」と呼ばれるメコン川流域。首都ハノイからバンコク(タイ)を経由し、大型船が着岸するカイメップ・チーバイ港を結ぶ、「南北経済回廊」と「南部経済回廊」。そしてダナン港からラオス・タイ・ミャンマーを東西に結ぶ「東西経済回廊」という三回廊が、メコンエリアの経済成長を支える。そして北の果て、そびえる山の向こうには巨大マーケット・中国が。中越国境となる北緯23 度から20 度の間には、新たなアジア経済帯も形づくられようとしている。

このようにベトナムは、中国と東南アジア、日本とメコンエリアの結節点であり、ヒトやモノの流れをつかさどる重要拠点として、熱い視線が注がれている。

そのベトナムに、日本の新幹線技術を採用した「南北高速鉄道」建設プロジェクトが、近く始動の機運にある。2010 年1 月半ば、ベトナム社会主義共和国の副首相で外務大臣も務めるファム・ザー・キエム氏が来日。高速鉄道プロジェクトの本格的な事業化調査(FS)が日本側の資金で行われることで、正式に調印がなされた。


若さあふれるベトナム キーワードは自由と幸福


日本インドシナ協会理事・事務局長 熊澤さん

訪日したキエム氏と親交も厚い熊澤さんに、社会主義国ベトナムの素顔とベトナム人気質を尋ねると、「まずはベトナムを、社会主義国家と思わないことが一番」という意外な答えが返ってきた。さらに、「ベトナムの人たちは民族主義。民族そして国家全体の繁栄を願う民なのです」と続く。日越の架け橋として約20年。成長前から、ずっとベトナムを見つめ続けてきた熊澤さんだが、ベトナム人をよく理解するための三つのキーワードに「インディペンデント(独立)」と、「フリーダム(自由)」、「ハピネス(幸福)」を掲げた。

私たちにも馴染みが深いホーチミンの街には、いつも若さと活気があふれている。自ら独立を勝ちとり、今まさに、世界が注目するメコンエリアの玄関口として発展を遂げている。

勤勉で賢いベトナム人 でも、その素顔は?

ベトナムの人たちは、とにかく賢く、親和的だ。若さが際立つのは、ベトナム戦争後に誕生したベビーブーマーたちが人口構成比のボリュームゾーンを占めるためで、人口8500 万人のうち約6割が30 歳未満というヤングジェネレーション。総じて背丈が低く、笑顔あふれるベトナムの人たちは、友好的なイメージが強く、日本人には相性がよいとされてきた。

こうした親和性の高さから、日本企業も数多く現地に進出を果たしている。ただし安易な気持ちで投資をして、苦い経験をした日本人も少なくない。その点で熊澤さんは、「ベトナム人との付き合い方を、間違えないで」と注意を促す。

勤勉で真面目な半面、ベトナム人のもつ「プライドの高さ」を指摘する熊澤さん。「“ずる賢い”という印象。痛い目にあった」と言ってベトナムを撤退する日本人ビジネスマンを数多く見てきたなかで、「彼らは優秀な民族だけに、上から目線で“ずる賢く”付き合おうとすれば、おのずと相手もずるくなる」と、付き合い方にも警鐘を鳴らす。

その背景には、独立を勝ちとるまでのベトナムの幾多の歴史がある。

一千年に続いた中国支配、フランスの植民地時代を経てインドシナ戦争、そして冷戦の舞台ともなったベトナム戦争の歴史は、ベトナム人気質に大きな影響を与えた。ちなみに現在、働き盛りの40 代は、みな戦争経験者だ。

目上を敬い、恩を忘れず、義理人情に堅いベトナムの人たちだが、彼らと良好な関係を築くには、「同じ目線で付き合うこと(熊澤氏)」。その言葉には重みがある。


聞き手:千葉千枝子(掲載日:2010年02月01日)



プロフィール :千葉千枝子 Chieko Chiba
旅行作家。中央大学卒業後、富士銀行、シティバンクを経てJTB へ入社。96 年、有限会社を設立。旅と金融をテーマに、運輸・観光業全般の論評、執筆・講演活動を行う。著書に「JTB 旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)など。今春より東京成徳短大で観光学講師に就任。
 


 
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

おすすめ証券

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位