株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興国債券ファンド - 外国債券ファンド[企画] - 投資信託

 

投資信託 [外国債券ファンド[企画] ]

応用編【第4回】

新興国債券ファンドについて

 

1.新興国債券ファンドとは

新興国の債券に的を絞って投資するファンドを新興国債券ファンドやエマージング・ボンド・ファンドと呼びます。
新興国債券ファンドには、アジア、東欧・ロシア、アフリカなど特定の地域の債券に的を絞って投資するファンドと、世界中の新興国の債券に分散投資するファンドがあります。後者は一般にグローバル・エマージング・ボンド・ファンドと呼ばれています。
また、エマージング・ソブリン・ファンドと呼ばれる新興国の国債だけを投資対象としているファンドもあれば、社債を投資対象に含めているファンドもあります。ファンドがどの地域のどのような債券を投資対象としているかは、各ファンドの目論見書に説明されています。

世界の新興国

中南米 アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラなど
欧州 クロアチア、キプロス、ハンガリー、ポーランド、ロシア、スロバキア、トルコなど
アジア 中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、韓国、台湾、タイなど
アフリカ・中東 イスラエル、カタール、南アフリカ、チュニジア、アラブ首長国連邦など
*実際の投資対象国はファンドにより異なります。

2.新興国債券の種類

国債・・・新興国の政府が発行する債券です。自国通貨建てのものと、ドルやユーロなどの外貨建てのものがあります。
事業債・・・新興国の金融機関や一般事業法人が発行する債券です。ただ、新興国の債券市場は未成熟であり、中でも事業債市場は規模が小さく、流動性も低い傾向にあります。
 

3.新興国債券市場の特徴

新興国の債券市場は、先進国の債券市場と比較して、全般に未成熟で売買される銘柄数が少なく、各銘柄の残高や取引高が低いという特徴があります。例えば国債の発行残高を見ると、世界の国債市場(国内発行分)の約16パーセントを占めているにすぎません。
新興国の国債市場の中では、最も大きな債券市場はブラジルで、新興国の国債市場の約20パーセントを占めています。次いで韓国、インド、ベネズエラと続いています。
また、新興国の債券は一般に信用度が低く、先進国の債券と比較すると債務不履行のリスクが高い傾向にあります。さらに、新興国では政治的要因により金融市場が混乱することもあり、新興国の債券は一般にカントリーリスクが高いと考えられています。新興国の債券は、ロシアの10年物国債の利回りが約7.24パーセント(3月7日現在)、南アフリカが約9.25パーセント(3月7日現在)のように、高い利回りを提供しているため、新興国債券ファンドも高い利回りが期待できますが、一方でリスクも高い、ハイリスク・ハイリターンの投資対象だと言えます。
 

4.新興国債券ファンドのリスク

他の債券ファンドと同様に、新興国債券ファンドのリスクも、主にファンドが組み入れている債券の信用度と平均残存期間に依存しますが、先進国に投資する債券ファンドと比較して、新興国債券ファンドが組み入れている債券の信用度は低く、それだけリスクが高いことを意味しています。
債券の信用度は格付で示されますが、代表的な格付機関であるスタンダード・アンド・プアーズの格付においては、BBB格以上を投資適格債券と呼び、BB格以下を投機的格付と呼びますが、新興国の債券にはBB格以下の格付が付与されているものが多く見られます。新興国債券ファンドにおいても、ファンド全体の平均格付を一定以上に維持する投資方針がとられていますが、先進国の債券ファンドがAA格以上などと定めているのに対し、新興国ファンドではBB格以上やBマイナス格以上などと、より低い水準が設けられています。
また、新興国の債券は、個別の債券が持つリスクに加えて、カントリーリスクと呼ばれる、その国の政治不安や経済的混乱、社会不安などからもたらされるリスクも伴います。さらに、市場が未成熟であるために、流動性が低く、その分、債券価格が大きく変動するリスクもあります。
 

5.為替の影響

新興国の債券は、現地の通貨建てで発行されたものと、ドルやユーロ建てで発行されたものがありますが、いずれの場合でも、新興国債券ファンドの基準価額は為替相場の変動の影響を受けます。新興国の為替相場は、ドルやユーロなど主要通貨と比較して大きく変動する可能性があります。また、アジア通貨危機やロシア危機のときのように、経済的・政治的混乱により、為替市場が暴落したり、通貨の取引が一時的にできなくなったりする可能性も否定できません。
【執筆:トーキョー・インベスター・ネットワーク】
(掲載日:2008年3月14日)

   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »