株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

2008年7月 - QBRファンドレシオ ランキング - 外国債券ファンド[企画] - 投資信託

 

投資信託 [外国債券ファンド[企画]]

QBRファンドレシオ ランキング(2008/7月)

(表)海外債券に投資するファンドのQBRファンドレシオ ランキング


ファンド名称(一部略称) 運用会社
(略称)
QBR
ファンド
レシオ
1年
騰落率
(%)
リスク度 残高
(億円)
年間
分配
回数
1 グローバル・ボンド・ニューマーケット(毎月) 三菱UFJ 1.85 5.8 2 1,308 12
2 豪ドル毎月分配型ファンド 三菱UFJ 1.56 5.7 3 970 12
3 エマージングソブリン債券現地通貨建F毎月 シュローダー 1.56 3.9 2 89 12
4 世界銀行債券ファンド(毎月分配型) 日興 1.55 5.8 2 704 12
5 UBSオーストラリア債券オープン UBS 1.53 5.2 2 730 12
6 オーストラリア インカム オープン 三菱UFJ 1.51 4.2 2 211 4
7 三菱UFJ 豪ドル債券インカムオープン 三菱UFJ 1.51 4.9 3 580 12
8 三井住友・豪ドル債ファンド 三井住友 1.50 4.5 3 683 12
9 みずほエマージングボンドオープン DIAM 1.49 5.2 2 87 4
10 ユーロ短期債ファンド 大和住銀 1.48 6.6 2 55 12
11 短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 大和住銀 1.47 5.1 3 1,593 12
12 オーストラリアボンドファンド(毎月分配型) 三菱UFJ 1.46 4.2 2 78 12
13 みずほ豪ドル債券ファンド みずほ 1.45 3.6 2 853 12
14 MHAM豪ドル債券ファンド(毎月決算型) みずほ 1.45 3.6 2 1,410 12
15 メロン世界新興国ソブリン・ファンド BNYメロン 1.45 5.7 2 681 12
16 現地通貨建て新成長国債インカムOP毎月 AIG 1.45 0.7 2 397 12
17 野村豪州債券ファンド Bコース 野村 1.44 3.3 2 90 2
18 野村豪州債券ファンド Dコース 野村 1.44 3.4 2 291 12
19 海外物価連動国債ファンド(為替ヘッジなし) 新光 1.43 1.9 2 85 4
20 LM・オーストラリア毎月分配型ファンド レッグメイソン 1.42 2.9 2 1,122 12
21 ダイワ高格付豪ドル債オープン(毎月分配型) 大和 1.41 3.7 2 164 12
22 ダイワ・ヨーロッパ債券ファンド 大和 1.41 6.7 2 72 12
23 住信 ヨーロッパ国債ファンド 住信アセット 1.39 6.2 2 76 12
24 LM・ユーロ毎月分配型ファンド レッグメイソン 1.37 4.7 2 173 12
25 ハイグレード・オセアニア・ボンドOP(毎月) 大和 1.35 3.3 2 5,912 12
26 ハイグレード・オセアニア・ボンドOP(3M) 大和 1.35 3.3 2 53 4
27 JPM新興国現地通貨ソブリン・F(毎月) JPモルガン 1.29 1.9 2 612 12
28 世界のサイフ 日興 1.28 1.7 2 2,589 12
29 グローバル・カレンシー・ファンド(毎月) 日興 1.28 1.8 2 1,336 12
30 三菱UFJ グローバル・ボンド・OP毎月決算 三菱UFJ 1.28 1.0 2 2,599 12

*QBR調べ。データは2008年7月末時点。
*主に海外債券(為替ヘッジ無し、または部分的に為替ヘッジ)で運用する追加型株式投信(インデックスファンドを含む)。残高30億円以上。
*リスク度は「QUICKファンド・リスク」(08年6月末時点)。TOPIXを「3」として、価格変動リスクを最小の「1」から最大の「5*」まで6段階に区分したリスク指標。
*年間分配回数とは、年間の決算回数。この回数で分配金が必ず出るとは限らない。
*QBRファンドレシオは、過去1年間、半年間、3ヵ月間の3期間のシャープレシオを単純平均し、年換算したもの、リスクフリーレートは考慮しない(ゼロとする)。 ▲はマイナス。
掲載日:2008年8月15日

   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »