株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

注目の投信一覧 - 投資信託

 

投資信託 [ 注目の投信 ]

三井住友信託銀行のファンドラップ・セミナー。下振れリスクを抑えた国際分散投資を強調(14/10/23)
去る9月27日(土)、東京大手町で三井住友信託銀行のファンドラップ・セミナーが開催された。題して「人気のヒミツ教えます!今、話題の『ラップ口座』セミナー」。ラップ口座の運用資産残高は業界全体で1年前に比べ倍増と急拡大している。セミナー参加者の多さからも、投資家の関心の高まりがうかがえる。
外貨運用のポイント(14/07/24)
少額投資非課税制度(NISA)開始により、投資家の裾野が拡大。海外資産への投資を新たに始める人も増えると思われます。外貨運用は高い金利収入が期待できると同時に、為替変動リスクを負うことになります。外貨運用による投資をする際は、短期的な為替変動に一喜一憂するのではなく、金利収入と為替変動の両面を長期的に捉えることが大切です。
NISA開始で、積立投資の注目度高まる(14/05/23)
少額投資非課税制度(NISA)開始により、投資家の裾野の拡大が予想され、若年層の参加も期待されています。若年層にはまとまった余裕資金がないため、積立投資などのドルコスト平均法を利用した投資方法が投信購入の入り口として注目されています。
投資信託の価格変動リスクについて考える(14/05/15)
投資信託の過去の運用成績を確認する際には、基準価額の騰落率(リターン)をみると同時に、一定期間の基準価額の振れ幅(価格変動リスク)をみることで値動きの特性が理解できます。
2013年の金融市場は、世界的な株高、円安のリスクオンの流れが強まる(14/03/28)
2013年の金融市場を振り返ると、国内では、2012年末の安倍政権発足を機に政府、日銀による金融緩和や景気刺激策の継続期待が高まりました。
NISA対応で、資産成長型ファンドの設定が増加(14/02/07)
2013年の投信市場は活況。資産成長型ファンドの設定が増加。
NISA人気で、確定拠出年金への注目度が高まる(13/12/24)
確定拠出年金の、掛金の拠出時点、運用時点、受取時点での税制メリット
東京五輪開催決定、国内REIT型ファンドが人気化(13/12/10)
2020年夏季五輪の東京開催決定後、国内REITが大幅上昇
海外債券(ハイイールド)型が人気化(13/10/11)
世界的な株安、一部新興国の下げ幅拡大
投信マーケットでも、中国、ブラジルから米国にシフト(13/09/14)
投信マーケットでも、中国、ブラジルから米国にシフト。景気回復続く米国 中国、ブラジルは景気減速懸念
「NISA」のモデルとなった「英国ISA」(13/07/26)
2014年1月から導入される少額投資非課税制度「日本版ISA(愛称:NISA<ニーサ>)」のモデルとなった英国で広く普及している「Individual Savings Account (個人貯蓄口座)」制度について。
投信フォーカス 野村「Funds-i」10本まとめて投信ビッグデータ分析、国際分散投資でドルコスト平均&一括投資 (13/05/01)
設定月末に10本に均等一括投資した上昇率は32.2%(3月末)。価格変動リスクは10本の単純平均から3%減少。これが分散投資のリスク低減効果。月末基準価額で10本に毎月積立投資を継続した収益率は28.3%
「新興イン」の急成長と「グロイン」復活が注目される中、ピクテ投信が地域金融機関向けセミナーを開催 (13/04/12)
資産ベースではなくリスクベースで資産配分戦略を決定する「リスク・バジェッティング」の有用性にについて、ピクテ投信執行役員 松元浩氏が講演。
投信フォーカス 「コツコツ投資」の本質は投資タイミングによる損益差の縮小 (13/03/15)
時間分散のドルコスト平均法を用いると、投資タイミングの違いによる損益のブレが一括投資に比べて低減。金融商品への投資では「長期保有でリスクは縮小せず拡大する」ことに基づく。日本版ISAでも有力な投資手法
投信フォーカス セゾン投信運用報告会「純資産総額700億円間近! 新ファンドも視野に」 (13/03/14)
独立系投資信託会社 セゾン投信が設定・運用しているファンドは、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2本。運用資産600億円を達成しました。
投信ニューフェース 高配当日本株ETF「高配当70(1577)」(野村) (13/03/11)
株式相場調整時の連動指数下落率は日経平均より小さい傾向が鮮明。相場下落月の対日経平均の勝率は8割。配当再投資の威力まざまざ。配当込み指数は12年間で1.9倍に上昇。予想配当利回りの高い70銘柄に等金額投資
投信フォーカス シンプレクス・ジャパン・バリューアップ・ファンドの運用手法 (13/03/04)
2006年11月から2012年12月までの6年間で、東証株価指数(TOPIX)は45%のマイナスでした。その環境下の中で31%超のリターンを上げているのが、「シンプレクス・ジャパン・バリューアップ・ファンド」。
投信フォーカス 「グロソブ」の含み損、保有者合算では解消間近(分配金を含まずに) (13/02/27)
円安・株高で投信保有者の収支改善が歴然。主な投信について1月末基準価額と保有者の平均購入単価を比較すると、普通分配金を含まずに全体では平均2%の含み益。昨年9月末のマイナス13%の含み損からプラス転換
投信フォーカス アベノミクスで期待インフレ率が1%突破、快走続く物価連動国債ファンド (13/02/19)
物価連動国債の利回り(実質金利=長期金利-期待インフレ率)から逆算される期待インフレ率が上昇。長期金利が跳ね上がることなく低位推移の追い風も受け、「物価連動国債ファンド」の上昇基調が続いている
投信フォーカス 日本の金融緩和期待から、円安、日本株高に (13/01/08)
株価の回復傾向や円安などの影響により、すべての投信の平均は11月の月間で3.3%上昇しました
投信フォーカス 為替ヘッジについて (12/12/05)
為替リスクと為替ヘッジコストを小さく抑えた上で、海外債券の高金利を享受できる環境を受けて、「海外債券(為替ヘッジ有り)型ファンド」が人気化し、残高が拡大しています。
投信フォーカス 円ヘッジ外債型の残高急拡大、国内債券型はじわり増大 (12/11/15)
世界的金融緩和の下、低リスク&好成績が個人マネーを引き寄せている。分散投資効果も発揮。新興国債券は現地通貨ではなく米ドル建てで、円ヘッジコストが誤差程度。金利の反転上昇による元本割れリスクに注意
投信フォーカス 振れ幅レンジ(最大上昇率~最大下落率)の活用 (12/11/06)
投資信託に関わるルール改正が金融当局で議論されています。その中で投信の値動きの標準偏差を利用した7段階のリスク階級表示や投信の値動きの振れ幅レンジのグラフ化などが紹介されています。
投信フォーカス 大型ファンドの保有者平均収益率、「グロソブ」は普通分配込みで±0%近辺 (12/10/30)
各ファンドの保有者全体の平均購入単価を概算推計。毎月分配型の多くは基準価額が平均購入単価を割り込みマイナス収益だが、普通分配金を加味すると含み益が目立つ。日本株ファンドは平均で30%程度の含み損。
投信フォーカス 毎月分配型ファンドのジレンマ、資金流入額を上回る分配金で残高拡大足踏み (12/10/18)
毎月分配型投信全体では運用成績がプラスでも、分配金の支払総額が資金流入額を上回る状態が続き、運用資産残高の拡大傾向がスローダウン。2011年は資金流入額4.1兆円に対して、分配金支払総額は4.6兆円。
投信フォーカス 投信の分散投資でリスクを低減 (12/10/05)
分配金が高めのREIT型、豪ドル債券型、ブラジル債券型などの毎月分配型ファンドに投資家の人気が集中し、投資家の資産がリスクの大きい一部のアセットクラスに偏っていることが問題視されています。
投信フォーカス 実はあまり知られていないアジアREIT相場の急上昇 三井住友AMの秋山ファンドマネージャーに好調の理由を聞く (12/10/05)
アジアREIT相場が足元で急上昇している。S&P国別REIT指数(現地通貨建て・配当込み)で米国は年初から8月末までの上昇率が17%、これに対してシンガポールは33%、香港は26%と米国を大幅に上回る。
投信フォーカス 毎月分配型ファンドを取り巻く状況を整理 (12/10/04)
毎月分配を行う「毎月分配型ファンド」の残高推移を見ると、10年前は2兆円程度でしたが、現在は約31兆円(2012年7月末時点)に増加し、全追加型株式投信の残高の約7割を占めるまでになりました。
投信ニューフェース イーストスプリングの「フィリピン株式オープン」 (12/09/26)
アジアの一新興国から「躍進目覚ましい」フィリピンにイメージ刷新か。株式市場は年初来で約28%上昇(円換算)と堅調。島国、独裁体制からの民主化と政治の安定、内需中心の経済成長など、インドネシアとの共通点も
投信フォーカス 豪州・アジアの高配当株投信への注目度、じわり高まる (12/09/19)
「ニッセイオーストラリア高配当株ファンド」の予想配当利回りは約7%(現地源泉税徴収前)。6月に設定されたばかりだが純資産残高は440億円超に成長。設定来3ヵ月あまりの分配金込み基準価額騰落率は9%と堅調。
投信フォーカス 国内REITファンドと海外REITファンドの差異 (12/08/17)
REITファンドの運用資産残高は海外が国内を圧倒し、国内REITの影は薄いが、長期での平均的運用成績には大差ない。分配金の元本払戻金度の高さも同程度。今年に入り減配が目立ち、分配金水準の正常化への動きも
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »