株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

郵政上場を機に株取引をするなら、下落局面でも収益が狙える信用取引の準備を!~松井証券では信用取引口座の新規開設で手数料無料枠が拡大

金融最前線

  • PR
  • PR
  • PR
 
 

2015年11月4日に、日本郵政グループ3社(日本郵政(6178)ゆうちょ銀行(7182)かんぽ生命(7181))が上場して、日本の株式市場が活況を呈している。郵政銘柄を取引するために株式投資を始めた人もいるほどだ。ただ今後の株式市場の見通しは不安要因も多いため、下落局面に対応する準備も整えておくことが必要そうだ。松井証券の服部新也氏に、直近の市場動向と郵政上場の影響、信用取引のメリットについて話を聞いた。

直近の日本株市場の動向について

2015年8月から9月にかけて、中国の人民元切り下げショックなどもあり、一時日経平均株価は1万8,000円を割る局面もありましたが、10月から再び上昇局面に転じ、2015年11月16日時点で1万9,000円台となっています。


松井証券株式会社 服部新也 氏
入社4年目でコールセンター副センター長を務め、現在は営業推進部で広告プロモーションを担当しつつ、株式動向を日々分析する。

これまで米国利上げタイミングの先延ばし観測や各社の決算発表を控え、様子見ムードが強かったものの、米国の10月の雇用統計が市場予想を上回る内容だったことから米国利上げが早い時期に行われるのではないかとの観測が広がっています。それに伴い円安が進み、外需関連株などが買われて日経平均株価は上昇しています。また、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉の大筋合意も好材料として受け止められているほか、11月の郵政3社の上場も株式市場にプラス要因となっています。

とはいえ今後の見通しが楽観できるとは言えません。11月にパリでテロがあるなど突発的な出来事による国際情勢不安ムードもあり、海外投資家がリスクオフにシフトする可能性もないとはいえません。中国の経済懸念もくすぶっています。日経平均株価が2万円からさらに上昇するほど強気の材料があるのかどうかは慎重に見極めたいところです。
こうした不安定な市場状況から、値上がり益を目指した買いだけでなく、局面によっては下落によっても利益を獲得できるよう、空売りもできる信用取引を投資の選択肢とすることが重要だと考えます。

郵政3社上場のインパクトと今後の影響は?

久しぶりの大型上場とあって投資家の注目も高く、IPOには投資家が殺到し、公募で買えなかった投資家が上場後に買付するなど、株式市場にプラス材料をもたらしています。東京証券取引所の1日の売買代金のうち、約2割を郵政3社で占める日もあるほどの人気ぶりです。郵政銘柄を取引するために口座開設したお客様もいました。

ただ、やや人気先行の過熱感もあり、この先も株価の上昇が続くかどうかは不透明です。早めに利益確定をする投資家の動きも見られるため、下落局面が訪れることも十分あり得ます。また国際情勢の悪化などにより、日本株全体が下落すれば、その影響を受ける可能性もあります。今後、5年以内に政府保有分の追加放出が行われるとも言われており、そうした局面で下落することもあるでしょう。

郵政銘柄に限った話ではありませんが、株価は上がったり下がったりを繰り返します。市場動向に応じて臨機応変に対応できるよう、値下がり局面にも対応できる信用取引口座を持っておくことを勧めたいと思います。

信用取引のメリットとは?

大きく3つのメリットがあります。1つは空売りができることから、下落局面でも利益が狙えること。ヘッジ手段としても活用いただけます。 2つ目は、少ない資金で大きな取引をするレバレッジ効果を活用できること。差し入れた委託保証金の約3.2倍の額の取引が可能です。例えば30万円の元手があれば、約100万円程度の取引ができます。2015年11月16日現在、郵政3銘柄は合計で約80万円あれば取引できますので、信用取引を活用すれば、30万円程度の元手で3銘柄の取引が可能です。
3つ目のメリットは、一日に同じ保証金で何度も売買ができること。現物取引の場合、同一資金における同一銘柄の取引は一日一回転までですが、信用取引ならその日のうちに何度も取引できるので、デイトレーダーなど短期的に売買を繰り返す投資家には便利です。
松井証券では新規に信用取引口座を開設すると、現物、信用問わず、開設してから6カ月後の月末まで、一日の約定代金合計が30万円まで無料になります。30万円以下で買える銘柄は日本郵政(6178)ゆうちょ銀行(7182)など、東証1部上場銘柄だけでも1,300以上ありますので、どなたでも活用しやすいと思います。



すぐに信用取引を行わなくても、相場の急変に備えて口座を開設しておけば、下落局面にも対応できます。ぜひこの機会に、松井証券の信用取引口座を開設していただければと思います。


掲載日:2015年11月27日



 
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位