株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

松井証券営業推進部の佐々木健吾氏に聞く 『投信工房』で18年ぶりに投信販売を再開。ファンドラップとの違いを体感してみたい

金融最前線

  • PR
  • PR
  • PR
 
 

 松井証券は2016年11月28日、投資信託を使って誰でも簡単に国際分散投資をおこなうことができるサービス『投信工房』の提供を開始した。これは、「ロボアドバイザー」を搭載した投信運用プラットフォームである。同社が投信を取扱うのは1998年以来18年ぶりのこと。投信工房の特徴やサービス提供の経緯などについて、松井証券営業推進部課長代理の佐々木健吾氏に聞いた。

松井証券が『投信工房』に懸ける熱い思い

松井証券株式会社
営業推進部・課長代理
佐々木 健吾氏

「当初は、いわゆる投資家ブロガーやインデックス投資家の皆さんからの反響が大きかったですね。当社が18年ぶりに投信を取扱うという点もインパクトがあったのだと思います。サービス開始から間もないということもあり、お客さまのポートフォリオのほとんどは、ロボアドバイザーのアドバイスに近い構成になっています」。
 松井証券営業推進部課長代理の佐々木健吾氏は『投信工房』スタート当初の手応えをこのように語った。
 松井証券は投信販売サービスを18年ぶりにスタートさせた。18年前の1998年、当時2~3%程度だった投資信託の販売手数料を松井証券が一律 1%に引き下げる方針を発表したところ、すべての投信運用会社から商品供給が停止してしまったのだ。これが、同社が投信販売から撤退した大きな理由である。投信工房はその松井証券が満を持して投信販売を再開するにあたって開発・導入されたサービスなのである。


①低コストで国際分散投資②ロボアドバイザーが提案③運用中もサポート

 投信工房の特徴は大きく以下の3つにまとめることができる。
 1つめは、少額から低コストで国際分散投資を始められることだ。投信工房のすべてのサービスは無料で提供される(投信の信託報酬は必要)。投資する投信はすべてノーロード(販売手数料なし)で相対的に信託報酬が低い。提案されるポートフォリオは、一括購入が1万円から、積立投資が500円から可能になっている。
 2つめは、ロボアドバイザーがサポートするポートフォリオ構築だ。ロボアドバイザーとは、投資家が自分の年齢や年収、投資に対する考え方などの複数の質問に回答すると、自分に合ったポートフォリオを自動的に提案してくれるサービスのこと。人間の手を介さないので提案はいつでも無料で行ってくれる。投資家は提案された通りにポートフォリオを構築してもいいし、それを基本に自分でカスタマイズすることもできる。
 3つめが、運用開始後のサポートが充実している点である。運用状況が会員画面やメールでレポートされることはもちろん、ポートフォリオのメンテナンスもいちどの操作で実行できる設計になっている。コールセンターに新たに設置した専用チームには、投信の専門知識を備えたスタッフを配置している。

【図】投信工房の基本的な使い方

【図】投信工房の基本的な使い方

(出典:松井証券)

「リバランス積立」「リバランス注文」機能を搭載

 「個人投資家の株式取引は90%近くがネット経由なのに、投信に関してはまだ対面販売が大半。これはつまり、投信購入には専門家などからのアドバイスが欠かせない状況ということです。いわゆる資産形成層にはコスト意識の高い投資家が増え、その中心商品となるべき投信にはノーロードや信託報酬が低い商品が増えてきました。そのようななかで、ロボアドバイザーが登場し、低コストでのポートフォリオ構築アドバイスが可能になったわけです」(佐々木氏)。
 投信工房の特筆すべき特徴のひとつに、リバランス積立機能を挙げることができる。これは、日々の値動きで目標配分から乖離してしまったポートフォリオを積立によって修正する機能で、積立は毎月・毎週・毎日で設定が可能。目標配分に近づけるために必要な購入対象投信と金額をロボアドバイザーが自動的に計算して積み立てる仕組みだ。ポートフォリオ運用でリバランスの効果を得ながら、自動的に積立投資もおこなうことができるわけである。
 投信工房にはリバランス積立とは別に、リバランスに必要な注文を一括で実行できる「リバランス注文」機能も搭載している。運用後のポートフォリオ・メンテナンスに注力している点は、投資家にうれしいポイントといえそうだ。

【表】モデルポートフォリオのベンチマークと投信銘柄

【表】モデルポートフォリオのベンチマークと投信銘柄
(出典:松井証券)

対面営業型ファンドラップとの違いはコスト面で明確

 投信を活用した総合的な資産運用サービスとしては「ファンドラップ」がいま、注目を集めている。ファンドラップとは、金融機関が投資家の代わりに投信で資産運用・管理をおこなう投資一任サービスのこと。投信工房とファンドラップについて佐々木氏は、「明確な違いがある」と断言する。
  「圧倒的にコストが違います。ロボアドバイザーを使う投信工房には営業員が不要ですし、投資一任報酬もありません。その結果、主なファンドラップの平均コストは年間2.2%(*1)で投信工房では同0.37%(*2)となっています」(佐々木氏)。
 「対面型のファンドラップは最低運用金額が決まっていることが多いため、誰でも簡単に利用できるわけではありません。投信工房は積立であれば500円からスタートできますし、運用方針を決めてしまえばお客さまは投資の最終判断をくだすだけ。利用するためのハードルは非常に低く設計されています」(同)。

(*1)平成27事務年度「金融レポート」(金融庁)より引用
(*2)2016年11月28日のサービス開始時点の数値(税抜)

【表】対面営業型ファンドラップサービスのコスト比較

【表】対面営業型ファンドラップサービスのコスト比較
(出典:松井証券)

(注1)投信工房の記載は、想定コストが最も高いモデルポートフォリオに基づいて算出しています(2016年11月28日サービス開始時点)。また、税抜で算出しています。
(注2)合計コストは、基準価格が年間平均3%上昇し、分配金は0円、信託報酬は年度末に支払うものとして計算。
(注3)それぞれの商品に応じて異なった費用(信託財産留保額、監査費用、組入有価証券の売買委託手数料など)が別途生じる場合があります。
(注4)A対面証券は、契約資産5,000万円以下の場合の費用です。
コストとリターンの納得感をいまいちど確認したい

 負担するコストに応じてきちんとリターンを得ることができれば問題ないし、リターンが期待するほどなかったとしても、その結果に投資家自身が納得できていればいい。しかしながら、投資コストの高低がリターンに大きな影響を及ぼしているのは間違いない。得ているリターンと納得感の両面において、いまいちど自分の投資コストを確認してみてはどうだろうか。


掲載日:2016年12月27日



 
   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位