株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【第2回】まずは、日経会社情報で会社の概要をとらえよう - 株式投資に必要な財務データの読み方

 

株式 [ 株式投資に必要な財務データの読み方 ]

【第2回】

まずは、日経会社情報で会社の概要をとらえよう

それでは早速、「日経会社情報2012年新春号」を開いて「オリンパス株式会社」のページを探してみましょう。冒頭の社名索引の「オ」行で、オリンパスを探して下さい。「7733 オリンパス・・・・1325」とあります。

「7733」は証券コードといい、上場企業に4けたの番号が付与され、原則として業種別に採番されています。7000番台の企業の業種は、主に輸送用機器と精密機器です。証券コードを覚えるのは、大変ですが、皆さんが保有している株式の証券コードを覚えておくと、検索が楽になります。語呂合わせとかも有効です。例えば、「7974」は、任天堂の証券コードですが、「泣くなよ(7974)、任天堂」といった感じです。

ちなみに、会社情報では、後株(○○株式会社)の会社の社名には「(株)」の文字が入りません。オリンパスは、後株なので、「オリンパス」とだけ表示されています。前株(株式会社○○)の会社には「(株)○○」がつきます。例えば、「(株)リコー」となります。

1325は、「日経会社情報2012年新春号」での記載ページです。

これが、オリンパスの会社情報です。


*冒頭の「日経会社情報の掲載データの定義」の中に日経会社情報で登場する用語の定義がすべて解説されていますので、逐次、わからない用語がありましたら、ご参考にしてください。

構成は、ブロックを積み重ねたような感じになっています。各ブロックの大まかな記載内容は、以下の通りとなります。



まずは、ブロックの最上段です。



本社事務所は、東京都新宿区にあり、1919年10月に設立された歴史ある会社であることがわかります。株式を初めて上場したのが1949年5月の戦後間もないころ、決算は3月、株主優待は、「無」となっています。「【優待】有」となっていたら、巻末の「株主優待一覧」でチェックしましょう。例えば、「2702 日本マクドナルドホールディングス」の場合、100株以上(執筆時現在、約21万円)で、優待食事券がもらえます。これも、株式投資の一つの楽しみですね。

「東1」とは、東京証券取引所1部上場ということで、当該株式が主として取引が行われている「市場」を表しています。皆さんご存知のように、最も規模が大きく大手の会社が上場しているのが、「東証1部」です。

ちなみに、各市場の記号は、以下の通りです。



ずいぶんと、いろんな市場があるものです。

「225」とは、日経平均株価(「日経225」とも言う)を計算する際に採用されている225銘柄の一つであることを表しています。やはり、オリンパスは、日本を代表する企業なのですね。

最上段の一番右のところに、会社の特徴が端的にまとめられています。「【内視鏡で世界首位】情報関連など多角化に注力。研究開発投資は高水準。」ここは、日本経済新聞社の記者が「魂」を込めて、表現する部分なのです。

オリンパスは、カメラを作っている会社なのかなと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、医療機器が主力の会社なのです。しかも、「内視鏡で世界首位」とあります。

次回は、業績欄(右上と中央上のブロック)を見ていくことにします。


株式会社アイエフパートナーズ 代表取締役 藤田雅彦(掲載日:2012年02月01日)


   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »