株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

一般信用取引と制度信用取引の違いを徹底解説!

 

実際に資金や株式を保有して売買する取引(現物取引)とは異なり、証券会社から資金や株式を借入して売買する取引(信用取引)があります。その信用取引には「一般信用取引」「制度信用取引」の2種類があります。信用取引をするには大変重要な違いですので理解しましょう。

2種類の信用取引

証券会社から資金や株式を借入して売買する取引(信用取引)には、「一般信用取引」「制度信用取引」の2種類があります。それぞれにポイントがありますので、詳しく見ていきましょう。

一般信用取引

一般信用取引は、基本的には「証券会社が定めたルールの下で、投資家ができる信用取引」と考えるとよいでしょう。ポイントは、①信用取引の買い/売りの可否、②信用取引の取扱銘柄範囲、が証券会社ごとに異なる点です。

一般信用取引は、「証券会社が自ら資金や株式を調達し、投資家へ提供する業務(サービス)」となります。このため、買い/売りの可否や取扱銘柄範囲等は、証券会社によって大きく異なります。一般信用取引を積極的に利用することを考えている場合は、事前に証券会社のWebサイトでチェックすることをお勧めします。 一般信用取引

制度信用取引

制度信用取引は、投資家が証券会社より資金や株式を買入して売買する取引ではありますが、一般信用取引との大きな違いは「証券会社は投資家へ貸付する資金や株式を証券金融会社から借入することが可能な取引」となっている点です。このため、証券会社は取引所および証券金融会社が定める「貸借融資銘柄(制度信用取引の買いを可能とする銘柄)」「貸借銘柄(制度信用取引の買いおよび売りを可能とする銘柄)」に応じて、投資家の取扱銘柄範囲を定めます。このため、ポイントは、買い/売りの可否や取扱銘柄範囲が証券会社ごとで異なることはないという点です。

制度信用取引は、「証券会社が証券金融会社から資金や株式を調達できることを前提に投資家へ提供する業務(サービス)」となります。繰り返しとなりますが、買い/売りの可否や取扱銘柄範囲等は、証券会社によって異なることはありません。また、制度信用取引を導入している証券会社は、一般信用取引と比較して多いため、制度信用取引のルールを理解することは大変重要になります。 制度信用取引

一般信用取引と制度信用取引の違いは?

一般信用取引と制度信用取引の違いについて、主なポイントを比較しながら、詳しく見ていきましょう。

対象銘柄

一般信用取引は「証券会社ごとが対象銘柄と定めた範囲で」、制度信用取引は「取引所および証券金融会社が対象銘柄と定めた範囲で」、投資家は信用取引の注文を出すことが可能です。なお、制度信用取引において、買いのみ可能な銘柄は「貸借融資銘柄」、買いも売りも可能な銘柄は「貸借銘柄」と呼ばれていますが、貸借融資銘柄・貸借銘柄に選定される際は取引所ならびに証券金融会社から通知が公表されます。

返済期限

信用取引で残高があるということは、投資家が証券会社から資金もしくは株式を借入している状態ですので、いつかは返済する必要があります。返済期限については、一般信用取引と制度信用取引で異なります。

一般信用取引の返済期日は、「証券会社が定めること」ができます。よって、一般的には「無期限」と設定して返済期日を設けないケースが多いです。ただし、証券会社ごとに商品性として、返済期日を細かく区分してサービスを提供している場合もありますので、Webサイト等で確認する必要があります。

これに対し、制度信用取引の返済期日は「6ヵ月」と定められています。このため、投資家は、新規に取引をして建玉を保有してから6ヵ月以内に返済をする必要があります。

金利

一般信用取引の金利は、「証券会社が定めること」ができます。証券会社は、一般信用取引の買い(投資家への資金貸付)および一般信用取引の売り(投資家への株式貸付)のために資金や株式を自社で調達することになるため、制度信用取引の買い(証券金融会社から資金借入が可能)および制度信用取引の売り(証券金融会社からの株式借入が可能)と比較して、調達コストが掛かるケースが多く、制度信用取引より金利は高い場合が多いです。

制度信用取引の金利は、証券会社の証券金融会社からの安定的な借入を前提として、一般信用取引より金利は低いことが多いです。この場合においても、制度信用取引の金利は証券会社ごとに異なりますので、注意が必要です。

逆日歩

制度信用取引は一般信用取引と比較して、金利は低い場合が多いと説明しましたが、信用売りをする際には、「逆日歩」について注意する必要があります。

制度信用取引での信用売り(投資家が証券会社から株式を借入する)について、証券会社は証券金融会社から株式を借り入れることを前提としています。証券金融会社は証券会社からの株式の借入に対応することになりますが、同一銘柄において、株式借入の申込(貸株申込)が資金借入の申込(融資申込)を超過した場合、当該超過分を他社から実際に借入する必要が生じ、当該借入に掛かった費用を「逆日歩」として、制度信用取引で売り残高を保有している投資家から徴収し、買い残高を保有している投資家へ支払う処理が発生します。

制度信用取引で売りをする場合は、追加費用として「逆日歩」を徴収される可能性があることを念頭に置く必要があります(買いをする場合は「逆日歩」が支払われるので問題ありません)。一般信用取引にはない制度ですので、注意が必要です。

一般信用取引と制度信用取引、どちらがおすすめ?

信用取引の買いに関して、「一般信用取引」「制度信用取引」で対象銘柄について差異はあまりないと思います。返済期日を気にしたくないならば「一般信用取引」、金利(逆日歩の受領を含む)を考慮するならば「制度信用取引」になるかもしれません。

信用取引の売りに関して、多くの場合で対象銘柄数は一般信用取引より制度信用取引が多いですが、制度信用取引では売りが不可となっている銘柄も一般信用取引では売りが可能となっている場合もあるので確認が必要です。その他の点で比較すると、返済期日(制度信用取引は6ヵ月)の期間が定められていることや、逆日歩が徴収されることを避けるのであれば「一般信用取引」になります。売買可能な証券会社に偏りがないことや証券金融会社への貸借申込残高(融資残高および貸株残高)を参照することが可能な点(分析できる点)を考慮するならば「制度信用取引」になります。

まとめ

投資家として証券会社から資金および株式を借入して売買する信用取引には、2種類あり、それぞれでポイントがあることを確認できました。一般信用取引に関しては「証券会社ごとの定め」が重要となることから、Webサイト等での確認が大切です。制度信用取引に関しては「証券会社が証券金融会社から借入する」ことなど仕組み全体のルールを把握することが大切になります。

一般信用取引と制度信用取引の仕組みを理解し、売買方針に合った取引を利用できるようにしましょう。

監修:日本証券金融株式会社

   
    

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »