天満屋スは反落、第1四半期2ケタ営業減益を嫌気

2018年07月04日 14時02分

 天満屋ストア<9846.T>は反落している。3日取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)連結決算が、売上高182億9000万円(前年同期比2.8%減)、営業利益5億8400万円(同14.5%減)、純利益4億300万円(同0.6%増)と2ケタ営業減益となったことが嫌気されている。

 名物商品の開発やEDLPの徹底などに取り組んだほか、既存店の活性化も推進したが、競争激化の影響で売上高・利益とも苦戦した。なお、19年2月期通期業績予想は、売上高760億円(前期比0.8%増)、営業利益26億円(同3.0%増)、純利益11億円(同8.8%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
味の素は3日ぶり反発、国内大手証券が目標株価を2260円へ引き上げ
中国ETFが安い、上海総合指数は16年3月以来の安値局面◇
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率3.55倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
セリアは3日続伸、6月既存店売上高が2カ月連続で前年上回る
2020年07月07日 10時58分
スタティアHが一時S高、事業成長支援を行う新会社C-designを設立
2020年07月07日 10時49分
テクマトが大幅反発、子会社NOBORIがTXP Medicalと業務提..
2020年07月07日 10時29分
サムコはマドを開け大幅高、半導体製造装置の需要旺盛で好決算先取りの買い..
2020年07月07日 10時23分
スーパーVが一時S高、21年2月期営業利益予想を上方修正
2020年07月07日 10時18分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン