天満屋スは反落、第1四半期2ケタ営業減益を嫌気

2018年07月04日 14時02分

 天満屋ストア<9846.T>は反落している。3日取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)連結決算が、売上高182億9000万円(前年同期比2.8%減)、営業利益5億8400万円(同14.5%減)、純利益4億300万円(同0.6%増)と2ケタ営業減益となったことが嫌気されている。

 名物商品の開発やEDLPの徹底などに取り組んだほか、既存店の活性化も推進したが、競争激化の影響で売上高・利益とも苦戦した。なお、19年2月期通期業績予想は、売上高760億円(前期比0.8%増)、営業利益26億円(同3.0%増)、純利益11億円(同8.8%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
味の素は3日ぶり反発、国内大手証券が目標株価を2260円へ引き上げ
中国ETFが安い、上海総合指数は16年3月以来の安値局面◇
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率3.55倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
スギHD、20年2月期決算は過去最高を更新
2020年04月07日 18時00分
ロゼッタは未開示としていた20年2月期純利益予想を発表
2020年04月07日 17時51分
アサヒ衛の第1四半期決算は営業損益が黒字転換
2020年04月07日 17時23分
買取王国の20年2月期業績は営業利益が計画上振れで着地
2020年04月07日 16時59分
マニーが20年8月期業績予想を下方修正
2020年04月07日 16時25分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン