明日の株式相場見通し=外部要因警戒で売り優勢、上海株指数の動向注視

2018年09月12日 17時22分

 あす(13日)の東京株式市場は、米半導体市況の減速懸念や中国向け輸出の先行き不透明感など海外絡みのマイナス材料への警戒感から売り優勢の展開で、日経平均株価は続落基調となりそうだ。

 市場関係者からは「きょうは、前日の米国株上昇や外国為替市場での円安・ドル高進行を受けて朝方は買いが先行したものの、米株式市場で半導体関連銘柄が軒並み安となったのを受けて、東京市場でもローム<6963.T>、SUMCO<3436.T>など半導体関連の銘柄が売られた。また、前日に発表された8月の工作機械受注額で、中国向けを中心とした外需が前年同月比4.4%減の781億4400万円と、16年11月以来1年9カ月ぶりに前年同月実績を下回ったことを嫌気して、ツガミ<6101.T>など関連銘柄の一角が売られた。また、中国・上海総合指数が約2年8カ月ぶりの安値圏での推移となっていることも売り材料となっているようだ」との見方が出ていた。

 12日の東京株式市場は、リスク回避の売り圧力に押される展開となった。日経平均の下げ幅は比較的小幅にとどまったものの、主力電機株の下げがきつく地合いは悪かった。日経平均株価終値は、前日比60円08銭安の2万2604円61銭と3日ぶりに反落した。

 日程面では、賃貸用不動産の運営および管理ならびに不動産賃料収入に基づく不動産証券化商品の組成および販売を手掛けるマリオン<3494.T>、不動産の売買、賃貸、仲介、管理などの香陵住販<3495.T>の両社が東証ジャスダック市場に新規上場する。

 このほかでは、沖縄県知事選告示、7月の機械受注統計、8月の企業物価指数、18月の投資信託概況に注目。海外では、欧州中央銀行(ECB)理事会、英中銀が金融政策発表、トルコ中銀が金融政策決定会合、米8月の消費者物価指数・財政収支が焦点となる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=60円安、半導体や電子部品株の下げが際立つ
ハイテク株安が加速、中国リスクで海外投資家による売り圧力顕在化◇
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で一段安


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース コラム」 のニュース一覧
<注目銘柄>=くふうカンパニー、コロナ禍を機に結婚式を多様化
2020年06月05日 10時01分
<注目銘柄>=ファインデ、医療機関の投資意欲回復が追い風
2020年06月04日 10時03分
<注目銘柄>=T&Gニーズ、収束後に向けた施策にいち早く着手
2020年06月03日 10時01分
<注目銘柄>=福井コン、建設ICTをテーマに上値期待膨らむ
2020年06月02日 10時01分
<注目銘柄>=東洋紡、フィルム製品伸び連続増益へ
2020年06月01日 10時02分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン