ゼビオHDは大幅反落、猛暑や自然災害響き19年3月期業績予想を下方修正

2018年11月07日 10時27分

 ゼビオホールディングス<8281.T>は大幅反落している。6日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想について、売上高を2443億3400万円から2339億1700万円(前期比0.3%減)へ、営業利益を120億5000万円から85億500万円(同22.1%減)へ、純利益を45億4200万円から31億7300万円(同25.3%減)へ下方修正したことが売り材料視されている。

 上期において、記録的な猛暑による屋外活動の抑制や、全国各地に被害を及ぼした豪雨、台風、地震など自然災害の影響を受けたことで、売り上げが伸び悩んだことが要因としている。また、上期の売り上げ不振の影響で、想定を上回った持ち越し商品の消化促進が必要と判断したことも通期利益を押し下げる見通しだ。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ゼビオHDが19年3月期業績予想を下方修正
インスペックは小動き、東証が6日付で日々公表銘柄指定を解除
双葉電子は冴えない、タッチセンサー減少で19年3月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
ストライクの第2四半期営業利益は6割増
2020年03月30日 18時18分
日ケミコンが希望退職者の募集を発表
2020年03月30日 18時12分
プロパテDBが17万株を上限とする自社株買いを発表
2020年03月30日 17時51分
ダイケンの20年2月期営業利益は上振れで着地
2020年03月30日 17時51分
ニューテックの20年2月期営業利益は計画上振れ
2020年03月30日 17時48分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン