RIZAP−G---持続的成長に向けた構造改革を発表、早期の経営再建完遂に向け経営資源集中

2018年11月16日 18時24分

RIZAP−G<2928>は14日に発表した通期業績予想修正に併せて、構造改革に着手することを発表している。

主な施策として、「グループ会社・事業の経営再建の早期完遂」「強靭な経営体質への変革」「事業の選択と集中」「新規M&Aの原則凍結」及び「成長事業への経営資源集中」等を実行していく。

先ず、グループ会社・事業の経営再建の早期完遂については、主にワンダーコーポレーション<3344>、ジャパンゲートウェイ、サンケイリビング新聞社、ぱど<4833>、タツミプランニングのメガソーラー事業等、経営再建途上のグループ会社・事業に加え、今期一時的要因の影響が出ているMRKホールディングス<9980>について、経営再建の早期完遂による業績の回復に向けて、当初計画を見直し、経営資源を集中させることで、来期以降の早期黒字化を目指すとしている。

次に、強靭な経営体質への変革については、ワンダーコーポレーション、ジャパンゲートウェイ、ぱど、タツミプランニングのメガソーラー事業を中心に、在庫の適正化や固定資産の減損処理等の構造改革関連費用等を2019年3月期中に計上し、来期以降の持続的成長に向けた強靭な経営体質への変革を進めていく。

事業の選択と集中については、これまでグループ戦略の柱として、M&Aの積極的な実施と迅速な経営再建によるグループ全体の成長を進めてきたが、短期的な収益改善が難しい事業、当初想定していたグループシナジーが見込めない事業は、事業の縮小・撤退、事業売却等を進めていくとしている。また、上記の各施策を着実に実行するため、新規M&Aの原則凍結を方針とし、経営資源を経営再建途上のグループ会社・事業の業績回復に集中させるとしており、従来のM&A方針を大きく転換する。

また、同社は、グループの持続的成長のため、上記4つの施策に加え、これまでグループの成長を牽引してきたRIZAPボディメイク事業及びRIZAP GOLF、RIZAP ENGLISH 等のRIZAP 関連事業、RIZAPメソッドと親和性の高い成長分野であるスポーツ・フード・ヘルスケア分野への経営資源の集中を加速させ、経営基盤の強化を図るとしている。

同社グループは、早期の業績回復を実現したうえで、再び更なる成長拡大を目指す考えで、今後のグループ会社・事業における経営再建の実現が注目される。



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
前日に動いた銘柄 part2 神戸物産、川本産業、アイスタディなど
2020年03月31日 07時32分
前日に動いた銘柄 part1 シンシア、富士フイルムホールディングス、..
2020年03月31日 07時15分
オプティム---佐賀銀行と合弁会社設立に向け基本合意
2020年03月30日 19時45分
オプトホールディング---デジタルホールディングスへ商号変更
2020年03月30日 18時36分
イノベーション---コクリポウェビナーの無償提供期間を延長
2020年03月30日 18時34分
もっと見る
   
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
  • けろるさんがキヤノンの銘柄についてコメントしました。
    買い下がる! (1分前)
  • はなたいらさんが日経ベア2の銘柄についてコメントしました。
    日銀はETF買うより国民にヘリマネした方が株価上がるで。 (1分前)
  • けろるさんがエムスリーの銘柄についてコメントしました。
    手仕舞 (4分前)
  • はなたいらさんが日経ベア2の銘柄についてコメントしました。
    東京は感染者数を増やしたくない為、検査拒否したか?検査断られ... (9分前)
  • しろねこのブンタさんが日経ダブの銘柄についてコメントしました。
    期待点:日経平均株価が下がり傾向 不安点:3/30では値動き... (33分前)
  • もっと見る